コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

河原和音「高校デビュー」映画化、ヨウ役は溝端淳平

235

河原和音「高校デビュー」の実写映画が、2011年春に公開される。配給はアスミック・エース。

クールなイケメンで女子から絶大な人気を誇る小宮山ヨウ役を溝端淳平が、ヨウにモテコーチを以来するスポーツ少女、長嶋晴菜役をSeventeen専属モデルの大野いとが演じる。大野は今作が女優デビュー。また監督は「ハンサム★スーツ」などを手がけた英勉、脚本はドラマ「猿ロック」などの福田雄一が担当した。

「高校デビュー」は部活少女だった中学時代を反省し、高校では恋愛にすべてを賭けようと奮闘する主人公と、彼女をモテさせるべく“モテコーチ”の役目を引き受けるイケメンの先輩を中心に描いた学園恋愛ドラマ。別冊マーガレットにて2003年から2008年まで連載され、単行本は全13巻で刊行中だ。

河原和音コメント

映画化、とても嬉しいです。ありがとうございます。
自分の漫画を映画にしてくださると聞いたとき、あんまり素敵なお話なので、嘘なんじゃないかと、いまいち信じられませんでした。シナリオを頂いて「嘘じゃないかも…」と思い、イメージフォトを見せて頂いて「あ、なんか本当かも…」と、さすがに今は信じています。
自分の原作で大丈夫なのかと不安もありましたが、スタッフ・キャストの方々の顔ぶれを伺って、これは原作以上に面白い物が出来上がると、たいへん楽しみになりました!
自分の漫画を、スタッフ・キャストの皆様がどういう映画にして下さるのかわくわくしています。漫画とはまた一味違った面白さの、素敵なエンターテイメント作品になるんだろうと思います。
原作を知らない方も、すでに読んでくださってる方も、是非ご観覧頂きたいです。私も何回も観たいです!

コミックナタリーをフォロー