「ドラえもん」のエピソードを落語化したDVD「ドラ落語」

174

藤子・F・不二雄「ドラえもん」に登場するエピソードを落語化したDVD「林家たい平の『ドラ落語』」が、12月1日に発売される。

「林家たい平の『ドラ落語』」イメージ。(C)藤子プロ・小学館

「林家たい平の『ドラ落語』」イメージ。(C)藤子プロ・小学館

大きなサイズで見る

話し手を務める林家たい平は、テレビ番組「笑点」のメンバーとしても知られる実力派。落語化されるエピソードは「ライター芝居」「この絵600万円」「いたわりロボット」の3作品で、収録時間は本編30分と特典映像約10分となる。原作のマンガ版エピソードを収めた48ページのブックレットと、特製手ぬぐいもセットで価格は2800円。

たい平は「ドラえもん」ファンを公言しており「落語が大好きだった藤子・F・不二雄先生に、『ドラえもん』から生まれた新しい落語を天国で聞いて笑っていただきたい」とコメントしている。

藤子・F・不二雄のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤子・F・不二雄 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。