吾妻ひでお「不条理日記」から生まれた同人誌を復刻、高橋留美子らの寄稿も再現

422

吾妻ひでお「不条理日記」シリーズから生まれた同人誌の復刻版「復刻版 ウロン文学選集」が、4月下旬に復刊ドットコムより発売される。価格は3万3000円。

「復刻版 ウロン文学選集」 ※画像は原本のもの。

「復刻版 ウロン文学選集」 ※画像は原本のもの。

大きなサイズで見る

1978年12月に別冊・奇想天外(奇想天外社)で第1作が発表され、1979年には第10回星雲賞コミック部門を受賞した「不条理日記」。吾妻自身を主人公としたエッセイ風のマンガで、国内外のさまざまなSF作品のパロディがふんだんにちりばめられている。

このたび復刻される同人誌の原本は、吾妻のファンが「不条理日記」のあるシーンを受けて40年前に制作したもの。シリーズ第7作「SF大会編」にて、SF本のオークションにかけられるクルムヘトロジャンの「へろ」、ベーホの「ふるむまかをめら」といった架空の書籍がモチーフとなっている。第1弾となる「へろ」は架空の“ウロン語”を翻訳したという体裁で、海外文学の翻訳書を模した造本。月報として付属した小冊子には、高橋留美子のイラストをはじめ、萩尾望都とり・みきらが寄稿した小文が掲載されていた。また1981年に続編として制作された第2弾「ふるむまかをめら」には、いしかわじゅんのイラストなどを収めた小冊子が同梱された。

復刻版では小冊子を含め、原本の造りをそのまま再現。特製ケースに「へろ」と「ふるむまかをめら」が2冊セットで収録され、付録として原本の編著者による「メイキング・ドキュメント小冊子」が同梱される予定だ。さらに復刻版では、吾妻のイラストが原画のまま収められた執筆者向けの特別版「へろ」をスキャン原本とし、このイラストページの版を起こして掲載。詳細は復刊ドットコムの公式サイトで確認を。

関連記事

吾妻ひでおのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 吾妻ひでお / 高橋留美子 / 萩尾望都 / とり・みき / いしかわじゅん の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。