「東大を出たけれどovertime」1巻、麻雀と子育ての間で揺れる須田の葛藤

43

須田良規原作による井田ヒロト「東大を出たけれどovertime」1巻が、本日3月2日に発売された。

「東大を出たけれどovertime」1巻帯付き

「東大を出たけれどovertime」1巻帯付き

大きなサイズで見る

同作は、東大を卒業するも麻雀の世界で生きていくことを選んだ男を描いた「東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男」の続編。雀荘メンバーとして働きながらプロとしても活躍し、家庭も持つ主人公・須田が、新たなプロリーグ設立という激動の中でどう生きるかについて、悩みながらも答えを出していく。1巻では、娘がケンカをした子供の親が雀荘に客としてやって来たり、大会で勝ち上がっても保育園に子供を預けられない日曜の試合に出ることを躊躇したり、シングルファーザーと麻雀プロの間で揺れる主人公の葛藤が描かれる。

井田ヒロトのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 井田ヒロト の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。