謎の女からの依頼は人気政治家の殺害、天王寺大×秋重学「ゼウス」2冊同時発売

22

「ミナミの帝王」の天王寺大が原作、「ソウルリヴァイヴァー」「禁猟六区」の秋重学が作画を担当した「ゼウス―神々の王―」の1巻と完結2巻が、本日2月28日に同時発売された。

「ゼウス―神々の王―」1巻

「ゼウス―神々の王―」1巻

大きなサイズで見る(全2件)

「ゼウス」は金に困っているヤクザの工藤迅と、総理大臣の椅子を狙う人気女性政治家の新城綺羅を軸に描くクライムサスペンス。ある日謎の美女・芹那から迅の元に「簡単に金を稼ぐ方法がある」と一本の電話が入り、数字選択式宝くじの当選番号を伝えられる。芹那のことを信用しなかった迅は宝くじを購入しなかったが、その数字が当たりだったことから後悔することに。嘆く迅に対し再び電話をかけてきた芹那は、もう一度当選番号を教える代わりに新城綺羅を殺してくれと依頼する。本作は週刊漫画ゴラク(日本文芸社)にて連載された。

この記事の画像(全2件)

秋重学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 秋重学 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。