終末世界を舞台に天竺を目指す一行描くファンタジー「西妖記」イブニングで

93

冬森雪湖原作による一ノ瀬かおるの新連載「西妖記」が、本日2月25日発売のイブニング6号(講談社)にてスタートした。

「西妖記」扉ページ。

「西妖記」扉ページ。

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、人類が滅亡寸前の終末世界を舞台に、妖魔退治をしながら天竺を目指す一行を描く冒険ファンタジー。経典を手に入れるため天竺を目指す茜上人(あかねしょうにん)は、護衛の真守(まもり)、白霞(しらか)とともに立ち寄った酒場で妖魔退治を頼まれる。妖魔が現れるという廃鉱を訪れた一行は、そこで足がなく身の証明である「宝珠」を持たない1人の青年を見つけて……。

なお3月10日発売の次号7号からは、森高夕次原作による足立金太郎「グラゼニ」のスピンオフ「グラゼニ ~夏之介の青春~」がスタートする。

この記事の画像(全2件)

一ノ瀬かおるのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 一ノ瀬かおる の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。