人間が食い尽くされたゾンビ社会…“人類養殖計画”に挑む「空腹なぼくら」1巻

60

友安国太郎「空腹なぼくら」1巻が、本日12月26日に刊行された。

「空腹なぼくら」1巻

「空腹なぼくら」1巻

大きなサイズで見る

「空腹なぼくら」の舞台は、人間が食い尽くされ、食糧危機に瀕するゾンビ社会。人間の知性と感情を残したままゾンビ化した主人公のワタルは、ゾンビの食糧危機を打開するため、そして自身が新しい社会の中で神になるため、“人類(エサ)養殖計画”を思いつく。生き残った人間の男女を交配させることで人類を養殖するというその計画を実行するため女を探し求めるが、やっと見つけた人間の女は今も未練のある元カノで……。同作はスペリオールが新たに立ち上げたレーベル「スペリオール・ダルパナ」の第1弾ラインナップ作品となる。

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 友安国太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。