コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「鬼滅の刃」ステージで花江夏樹らが考案した“新しい鬼”披露、迫力の生アテレコも

989

「鬼滅の刃」ステージイベントの様子。

「鬼滅の刃」ステージイベントの様子。

吾峠呼世晴原作のTVアニメ「鬼滅の刃」のステージイベントが、本日12月22日に千葉・幕張メッセにて開催中の「ジャンプフェスタ2020」にて開催された。

イベントには竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門禰豆子役の鬼頭明里、我妻善逸役の下野紘、嘴平伊之助役の松岡禎丞が登場。まず4人によって、原作のカットを使用した生アテレコが披露されると場内は割れんばかりの歓声に包まれる。そして「鬼滅の刃 名場面録」と銘打ち、4人それぞれが思い出深いシーンを振り返るコーナーが幕を開けた。

鬼頭が挙げたのは禰豆子が鬼になってしまうシーン。アフレコではほかのキャストが喋る裏でずっと唸っていたと明かし、実際にそのシーンを花江とともに再現してみせる。また花江は、炭治郎と鬼舞辻無惨が浅草で会うシーンを紹介。炭治郎がこれまでにないほど怒りを明確に表現する場面として印象深いと述べた。続く下野は善逸と炭治郎が再会したシーンをピックアップし、収録はセリフが多くて大変だったと裏話を披露。そして松岡は初めて機関車に載る場面を挙げ、伊之助の成長を感じたと明かした。

続いて「生み出せ!私の倒したい『鬼』」と題したコーナーでは、4人が考案した新しい鬼を披露。花江は「鬼滅の刃」の単行本が売り切れて買えなかったことをきっかけに鬼になったという「本鬼」、松岡は3回リテイクを受けた末にできあがったという「オニオン」をそれぞれ紹介する。また下野は、自身の作った「眠気の鬼」は人を眠らせて食う鬼で弱点はイケメンであると楽しげに語るが、原作のおまけマンガ「妖怪鯉のぼり」で善逸が描いた絵にそっくりであることを指摘され、必死に言い訳をしていた。

締めを飾った鬼頭の鬼は、美しく重度のナルシストだった女が老いて美しさが衰えてしまうことに嘆き、鬼になってしまったという「ナルシスト鬼」。真剣に考えたというその鬼のイラストのクオリティに、花江、下野、松岡は感嘆の声を上げる。そして4人の考えた鬼のどれが一番良かったか、観客の拍手の大きさで決めることになるが、鬼頭への拍手が圧倒的だった。

週刊少年ジャンプ(集英社)誌面では、現在「鬼滅の刃」がクライマックスを迎えており、宿敵である無惨との決戦の真っ只中。そこでアニメで無惨を演じている関俊彦からのメッセージが届き、松岡が代読する。さらに2020年に公開される「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の最新PVとともに、中心人物である煉獄杏寿郎役の日野聡からのメッセージVTRも上映された。

最後は吾峠からのメッセージと、松岡、下野、鬼頭、花江による今後の意気込みが語られ、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

※「ジャンプフェスタ」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

コミックナタリーをフォロー