コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「ジャンプフェスタ2020」開幕、今年は「DRAGON BALL」の単独ブースも

288

「ジャンプフェスタ2020」の入場エリア。

「ジャンプフェスタ2020」の入場エリア。

週刊少年ジャンプ、少年ジャンプ+、Vジャンプ、ジャンプスクエア、最強ジャンプ(いずれも集英社)の合同による祭典「ジャンプフェスタ2020」が、本日12月21日に千葉・幕張メッセにて開幕した。

「ジャンプフェスタ2020」は、各誌の人気タイトルのステージ全10プログラムが催される「ジャンプスーパーステージ」、原画の展示やステージなどを実施する「集英社ブース」、集英社作品をはじめとするアニメ、ゲームタイトル、ホビーの展示や紹介を行う「メーカーブース」、発売前のゲームタイトルが遊べる試遊コーナーやフォトスポットなどが並ぶ「ジャンプアミューズメン島」などから構成。「ジャンプスーパーステージ」のプログラムは、来場者であれば自由に閲覧できる。

入り口を抜けるとまず、週刊少年ジャンプ、少年ジャンプ+、Vジャンプ、ジャンプスクエアなどで連載されている100タイトル以上の原画が並ぶ「ジャンプ原画ワールド」が来場者をお出迎え。原画に加え各作者の色紙も展示されており、スマートフォンやタブレットによる写真撮影も許可されている。

週刊少年ジャンプブースには古舘春一「ハイキュー!!」の人形アニメ撮影用に使われた模型や、稲垣理一郎原作によるBoichi「Dr.STONE」の発電機などの展示、吾峠呼世晴「鬼滅の刃」で炭治郎が背負っている箱を使ったフォトスポットなどが用意されている。少年ジャンプ+ブースでは遠藤達哉「SPY×FAMILY」より、部屋の中に隠されたメッセージを探し出すゲームに挑戦できる「スペシャル任務(ミッション)」や、同作に登場するアーニャの等身大フィギュアと写真が撮れるフォトスポットなどを設置。ジャンプスクエアブースには和月伸宏原作による映画「るろうに剣心 最終章」の撮影で使用された剣心たちの衣装の展示コーナーや、スクエアおよびジャンプSQ.RISE(集英社)連載作のキャラと写真撮影ができる「SQ.2020キャラクターフォトシューティング」などが登場した。

青年誌の週刊ヤングジャンプ、ウルトラジャンプ(ともに集英社)のブースも設けられており、2誌ととなりのヤングジャンプ連載作の色紙をはじめ、カラスマタスク「ノー・ガンズ・ライフ」より主人公・十三の胸像や、野田サトル「ゴールデンカムイ」より白石をモチーフにしたもぐらたたきゲームなどを展開。週刊ヤングジャンプ、ウルトラジャンプのブースでも各誌連載作のステージが実施される。

さらに今年は鳥山明「DRAGON BALL」単独のブースも。「DRAGON BALLブース」には原作1巻の表紙を再現して写真を撮れるコーナー、ブルマのバイクを使ったフォトスポットや、悟空、ベジータ、魔人ブウといったキャラクターたちの立像の展示スポット、「DRAGON BALL」の関連書籍を販売するブックストア、クレーンゲーム、悟空のプラモデルを組み立てられる体験コーナー、「スーパードラゴンボールヒーローズ」「ドラゴンボールZ KAKAROT」の試遊コーナーなどを展開。また神龍や悟空、セルの巨大バルーンもブースに展示されており、天下一武道会の武舞台を模したステージでは「DRAGON BALL」のアニメやゲームに関するイベントが行われる。

このほか出展作品のグッズを販売する「お土産処 JUMP亭」やフードコーナーも会場に設置されている。なお「オリジナルグッズ販売ゾーン」は「集英社ブース」や「メーカーブース」などの展示ゾーンとは入場口が異なるため注意しよう。「ジャンプフェスタ2020」は本日と明日12月22日に開催。いずれも17時まで実施しており、最終入場は両日ともに16時30分となっている。

※「ジャンプフェスタ」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー