「エヴァ」箱根イベントの詳細明らかに、「セカンドインパクトの湯」など

471

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズと小田急グループのコラボイベント「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」が、アニメの舞台である神奈川・箱根で2020年1月10日から6月30日まで開催される。このたび、イベントのキービジュアルが公開された。

「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」キービジュアル

「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」キービジュアル

大きなサイズで見る

劇場アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開を記念した本イベント。キービジュアルには「箱根ウォーキング」をコンセプトにしたラフな服装のシンジ、レイ、アスカ、カヲル、マリがお目見えしている。

またイベントの各企画についても詳細が発表された。小田急箱根グループのバスや駅などを「エヴァンゲリオン」のデザインにラッピングする「箱根エヴァ化計画」では、ネルフのロゴがあしらわれたバスがイベント開始に先がけ12月1日より運行開始。御殿場から箱根エリアを走るシャトルバスが対象だ。イベント開始日の1月10日からは新宿と御殿場・箱根区間を結ぶ高速バスのほか、箱根登山バスの5台をイベント仕様に装飾。5台はエヴァンゲリオンの各機体をイメージしたカラーリングで、それぞれのリアルタイム情報はバスロケーションシステムで確認できる。

さらに桃源台駅のラッピングデザインが、イベント特設サイトにて公開された。駅には期間中「第3新東京市駅」という副駅名が付けられネルフ本部風の装飾が施されるほか、約2メートルに及ぶ初号機のフィギュアが展示される。

「第3新東京市補完スタンプラリー」は箱根フリーパス、箱根鎌倉パス、富士箱根パス、海賊船・ロープウェイ1日きっぷのいずれかを小田急線の各駅などで提示し、ラリー台紙を受け取ってスタート。計14カ所にあるスタンプを5つ以上集めるとステッカー、すべて集めるとクリアファイルが、台紙と引き換えでもらえる。引き換えはスタンプ設置場所などで実施。ラリーは2020年1月10日から3月31日までの1期と、2020年4月1日から6月30日までの2期に分かれ、時期ごとに賞品のデザインが異なるため、ご注意を。

温泉アミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」との共同イベントでは期間中、館内をイベント仕様にラッピング。また2020年1月10日から3月31日まで「セカンドインパクトの湯」、2020年4月1日から6月30日まで「ユネッサン L.C.Lの湯」と作品にちなんだ温泉が登場する。その他イベントの詳細については、続報を期待しよう。

関連記事

リンク

(c)カラー (c)Odakyu Hakone Holdings, Inc.

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 シン・エヴァンゲリオン劇場版 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。