コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「海辺のエトランゼ」2020年夏に劇場アニメ化!紀伊カンナが監修・キャラデザ

20718

紀伊カンナ「海辺のエトランゼ」が劇場アニメ化され、2020年夏に公開されることが決定。紀伊描き下ろしによるティザービジュアルと、特報映像がお披露目された。

「海辺のエトランゼ」は両親のいない高校生・知花実央と、小説家の卵でゲイの橋本駿を描くBL。2人は沖縄の離島の海辺で出会うが、ようやく距離を縮めた頃に実央が島を離れることになった。3年後、島に戻ってきた実央が駿への思いを伝え、彼らの関係が動き出す。本作は紀伊のデビュー作で、on BLUE(祥伝社)では続編「春風のエトランゼ」も連載中だ。

劇場アニメはBLアニメレーベル・BLUE LYNXの3作目として公開。元アニメーターの紀伊が監修とキャラクターデザインを手がけ、アニメーション制作はスタジオ雲雀が担当する。監督は「宝石の国」1巻発売記念で制作されたフルアニメーションPVにて、監督・コンテ・演出を担当した大橋明代が抜擢された。

11月9日と10日に開催されるアニメイトガールズフェスティバル(AGF)のBLUE LYNXブースでは、本作のバンドル付き先行劇場前売券を販売。バンドルの内容は、紀伊描き下ろしのミニ色紙となっている。またバンドル付き先行劇場前売券は後日、数量限定で通販も実施。11月15日よりBLUE LYNXの特設オンラインショップで受付がスタートする。

なお本日10月25日発売のon BLUE vol.43では「海辺のエトランゼ」の劇場アニメ化を記念した特集を展開。紀伊のロングインタビューをはじめ、キャラクターランキングや名シーン総選挙、「エトランゼ」シリーズに登場したごはんを紹介するコーナーが設けられた。

紀伊カンナコメント

こんにちは、紀伊カンナです。
この度、読者の皆さまのおかげでエトランゼが映像化されます!
私もスタッフのみんなと一緒に制作中です。
本来はここに何かいいコメントを打たなければいけないのですが
会議でも、打ち合わせでも、作画フロアでも、もらったお菓子を
食べていた事ばかり思い出されます。
原作者は概ね菓子しか食べてないですが、
スタッフのみんなはいいものを作ろうと日々がんばってくれています。
そんな穏やかなスタジオと、ゆかいなスタッフによって練り上げられてる
新しいエトランゼの世界、お披露目はもう少し先になりますが
どうぞお楽しみに!

劇場アニメ「海辺のエトランゼ」

2020年夏公開

スタッフ

原作:紀伊カンナ「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ:大橋明代
キャラクターデザイン・監修:紀伊カンナ
アニメーション制作:スタジオ雲雀
配給:松竹ODS事業室

(c)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会 (c)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

コミックナタリーをフォロー