コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「京阪電車×響け!ユーフォニアム」マップ配布やキャラと写真撮れるAR企画など

348

アニメ「響け!ユーフォニアム」と京阪電気鉄道によるコラボ企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」が、11月1日から開始する。

「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」に合わせて京阪電車主要駅や宇治市内各所では、作品の舞台となった場所を巡るのに便利な「舞台めぐりMAP」を配布。またスマホアプリ「舞台めぐり」を利用したデジタルスタンプラリーも開催される。チェックポイント3カ所を巡った人には、好きな場所でキャラクターと一緒に写真を撮影できる「マイAR」をプレゼント。11月1日から12月8日、12月9日から2020年1月15日、1月16日から2月22日、2月23日から3月31日と、期間を区切ってチェックポイントは変更される。また京阪電車中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅、宇治市観光センターにはキャラクター等身大パネルを設置。アプリ「舞台めぐり」には、キャラクター等身大パネルと同デザインの「マイAR」も登場する予定だ。

限定乗車券も用意されており、京阪線では「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019京阪線フリーチケット」を12月31日まで販売。大津線で12月3日まで販売される「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019ヘッドマーク型大津線フリーチケット」は誕生月が8月、9月、10月、11月のキャラクターなどをデザインした全4種が存在する。チケット取り扱い駅の情報は公式サイトで掲載中。石山坂本線では12月3日までラッピング電車が運行しており、11月1日から大津線の乗車券と同じデザインのヘッドマークが車両に掲出される。

コミックナタリーをフォロー