コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「映画スタプリ」成瀬瑛美が、「とてもキュンとする宇宙一素敵な作品」と自信

800

「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」初日舞台挨拶にて、左から木野日菜、小松未可子、小原好美、成瀬瑛美、知念里奈、上坂すみれ、安野希世乃。

「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」初日舞台挨拶にて、左から木野日菜、小松未可子、小原好美、成瀬瑛美、知念里奈、上坂すみれ、安野希世乃。

映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」の初日舞台挨拶が、本日10月19日に東京・新宿バルト9で行われた。

舞台挨拶には主人公・星奈ひかる/キュアスター役の成瀬瑛美でんぱ組.inc)、羽衣ララ/キュアミルキー役の小原好美、天宮えれな/キュアソレイユ役の安野希世乃、香久矢まどか/キュアセレーネ役の小松未可子、マオ/ブルーキャット/ユニ/キュアコスモ役の上坂すみれ、フワ役の木野日菜が登壇。「スター☆トゥインクルプリキュア」としては初の単独劇場版となった本作について成瀬は、「成長を見せたいというのと、皆さまを全力で楽しませたい、その思いで一生懸命アフレコに挑みました! でもそれ以上に(アフレコが)本当に楽しくて、みんなと一緒に世界や宇宙を旅したような気持ちで収録に挑むことができました。そのキラキラした気持ちが映画に乗っかっていると思うので楽しんでいただければ」とアピールする。

小原は本作について春ごろから制作が動き始めていたことを明かし、「『まだまだ先だねえ』と言ってたんですが、楽しい時間はあっというまでした。そんな楽しい時間をぎゅっと詰めた映画を観ていただける公開初日を迎えられて、そして小さなプリキュアや大きなプリキュアの方々に会えてとてもうれしいです」と挨拶。本作を「皆さんが思うよりしっとりしたロマンティックな映画になっている」と評する安野は、「これぞ『スター☆トゥインクルプリキュア』なんだということを全力で作品の中にちりばめてくださった映画になってます」と期待を煽った。

春に公開された「映画プリキュアミラクルユニバース」について「新米プリキュアとしてダメっぷりを発揮していた(笑)」と振り返った小松は「キャラはもちろん私たち中の人もちょっとずつ成長をしていて、その成長もこの映画では楽しめると思う」とコメント。上坂は映画鑑賞前の観客に向けて「この初日の朝早くからそんなキラキラした目で見つめられると、こちらまでうれしい気持ちでいっぱいになってしまいます。この映画は完全燃焼できて、涙腺はウルウル、思い出を振り返りながら明日に向かっていける素敵な映画になっています!」と語る。収録の初日にスタッフ陣から「楽しんで演じてください」と言われたという木野は、「楽しくフワらしく演じさせていただきました。皆さんも楽しい気持ちで見ていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

本日ステージ上には、一足先に映画を鑑賞した人々からの感想がまとめたパネルを設置。感想を眺めた成瀬は「『プリキュア大好き』っていう言葉がたくさんありますね! 一番うれしい、大切にしてほしい言葉だと思っています」と述べる。また登壇者たちは「我が子の夢も叶いますように」「パパとの初めての映画忘れないでね」という親から子供に向けた感想メッセージを見て感激していた。

なおイベントの終盤には、本作の主題歌「Twinkle Stars」を歌唱し、星空刑事メリー・アン役で映画にも出演している知念里奈がサプライズで登場。知念はゲスト出演のオファーやアフレコについて「まさか『プリキュア』とご縁がつながるなんてと、ドキドキしながら受けました。(声優は)本業ではないのでアフレコは緊張しながらでした(笑)」と回想しながら、主題歌の「Twinkle Stars」を披露した。知念のパフォーマンスを見た成瀬は「本当に感動しちゃって 、ちょっと涙が……。今までのいいシーンが怒涛のように思い出されて、素敵でした!」と感想を述べ、最後に改めて「皆さんの胸に残る、とってもキュンとする宇宙一素敵な作品になっております」と映画をPRした。

(c)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

コミックナタリーをフォロー