コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「空青」“エモい”がわからない吉沢亮、吉岡里帆が挙げる激エモシーンは

1034

映画「空の青さを知る人よ」舞台挨拶の様子。左から長井龍雪監督、吉岡里帆、吉沢亮、若山詩音。

映画「空の青さを知る人よ」舞台挨拶の様子。左から長井龍雪監督、吉岡里帆、吉沢亮、若山詩音。

映画「空の青さを知る人よ」の舞台挨拶が、本日10月20日に東京・TOHOシネマズ日比谷で開催され、吉沢亮吉岡里帆若山詩音長井龍雪監督が登壇した。

「空の青さを知る人よ」の公開後、舞台挨拶が行われるのはこれが初めて。吉沢は映画を鑑賞し終え、笑顔の観客の顔を見て「ホッとしてます」と心境を語る。長井監督は「皆さんからどのような反応があるのか、不安な気持ちでいっぱいでした。大丈夫でしたかね……?」と心配そうに尋ねると、客席からは温かく大きな拍手が。吉岡も「ずっと緊張してました。……大丈夫でしたか?」と長井監督と同じ質問を投げ、若山も「私も聞いたほうがいいんですかね。大丈夫でしたか……?」とのっかり、場内には笑いが起こった。

ここで進行役から、本作の“激エモ”シーンを聞かれた登壇者たち。吉岡は「やっぱりデコピンのシーンがめっちゃ好きです。今の高校生ってこんなことしてるのかあ!って」と、そのシーンのよさを熱弁する。吉沢は「あかねがペンダントを見つけて、『お騒がせさんですね』みたいなことを言うシーン。言われてえ……!って思います(笑)」と回答する。また吉沢はあおいのとあるシーンを挙げると、隣の吉岡が「それ言っちゃいます? それを言っちゃったらもう……!」と激しく賛同。「あんま“エモい”の使い方わかってないんですけど(笑)」と言っていた吉沢だったが、「あれはエモいんじゃないかなって思います」と頷く。思い思いに盛り上がるキャスト陣の様子を見て、長井監督は「自分の中の“エモい”を詰め込んで作ったので、皆さんと共有できてうれしいです」と顔をほころばせた。

終盤、登壇者たちは改めて本作をアピールすることに。長井監督は「とにかく、たくさんの人に観ていただけるとうれしい。俺の親父は70代なんですけど『お前の作ってるもので、初めていいと思えたよ』って言われました(笑)」とエピソードを披露する。若山は「フィクションだけど、その中で描かれてる感情がリアル。自分たちの生活に寄り添ってる」と、吉岡は「観る人を全肯定してくれる映画だと思っていて。『あなたはあなたで素晴らしいんだ』と言ってくれている気がします」とコメント。吉沢は「キャラクターがたくさんいるので、必ずどこかに共感できる部分がある。どの世代の方にも刺さると思います」と呼びかける。最後に吉沢は「すごく個人的なことなんですけど、劇中に登場したライブ会場(秩父ミューズパーク野外音楽堂)が、僕が『仮面ライダーフォーゼ』で初めて変身した場所なんです(笑)。めちゃくちゃ運命的だなと思いました」と明かし、長井監督が「『フォーゼ』を見返しましたけど、確かに運命を感じました(笑)」という和やかなやりとりが行われた。

なおコミックナタリーでは「空の青さを知る人よ」の特集として、長井監督、岡田麿里、田中将賀へのインタビューを掲載。アニメで30代のキャラクターを描く難しさや、岡田と田中が“長井監督らしさ”を感じるシーンについて語ってもらったほか、長井監督のフィルモグラフィも紹介している。

映画「空の青さを知る人よ」

2019年10月11日(金)全国東宝系で公開

原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
制作:CloverWorks
製作:アニプレックス、フジテレビジョン、東宝、STORY
配給:東宝
出演:吉沢亮吉岡里帆若山詩音、落合福嗣、大地葉、種崎敦美、松平健

※種崎敦美の崎は立つ崎が正式表記。

(c)2019 SORAAO PROJECT

コミックナタリーをフォロー