コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

くらたま、宇仁田らがひよこクラブで母の苦労描き下ろし

6

本日7月15日に発売されたひよこクラブ8月号(ベネッセコーポレーション)には、宇仁田ゆみ倉田真由美らの描き下ろしマンガを収録した別冊付録「ひよコミック2010年夏号」が付いている。表紙は宇仁田の描き下ろし。

「ひよコミック2010年夏号」には宇仁田と倉田のほか筒井旭、NAOKO、そのだつくし逢坂みえこ、青木こずえが参加。倉田が育児マンガを描くのはこれが初めてで、6ヶ月の女児とのドキドキの日々をつづる「くらた家のちょっと危険な幸せ」を描き下ろした。

また宇仁田は小学5年生の娘と3歳の息子、年の差姉弟ならではの苦労をコメディタッチで描いた「ネヤヘンぼうや」を執筆。さらに逢坂みえこはひよこクラブ誌上で連載中の「育児なし日記」のスペシャル版として、5ページの描き下ろしに加え名エピソードを3本収録。各作家とも売れっ子マンガ家として活躍しつつも、母として忙しい日々をそれぞれに送る姿が感じとれる。

コミックナタリーをフォロー