コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「ハイキュー!!」会見、醍醐虎汰朗が「新しいことをしたい」と挑戦を宣言

1808

左から中野博之週刊少年ジャンプ編集長、影山飛雄役の赤名竜之輔、日向翔陽役の醍醐虎汰朗、演出・脚本のウォーリー木下。(c)古舘春一/集英社

左から中野博之週刊少年ジャンプ編集長、影山飛雄役の赤名竜之輔、日向翔陽役の醍醐虎汰朗、演出・脚本のウォーリー木下。(c)古舘春一/集英社

古舘春一原作による舞台「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」の製作発表会見が、本日8月19日に東京・3331 Arts Chiyodaの体育館で開催された。

会見には日向翔陽役の醍醐虎汰朗、影山飛雄役の赤名竜之輔、演出・脚本を担当するウォーリー木下と週刊少年ジャンプ(集英社)の中野博之編集長が登壇。ウォーリーは“新生烏野”のキャストにとって初めての公演となる本作について「演劇『ハイキュー!!』は、毎公演チャレンジをしようということをテーマに掲げています。今作はここ最近で一番大きなチャレンジです。もちろん不安もありますが、新生烏野のメンバーはとても若くて、みんな真っ直ぐに演劇が好きな感じが伝わってくる。この俳優さんたちとなら、今までとは全く違う新しい挑戦ができるなとワクワクしています。このワクワクは初演のときを思い出します」と自信たっぷりに語る。

醍醐は自身が演じる日向について「すごくポジティブ。今作で描かれるのは壁にぶつかるところだと思うのですが、そこでも凹まずにくじけずに前を向いている人なので、そこは大切にしていきたい」と説明。一方赤名は影山について「僕は彼をひとりの男として尊敬しています。1年生でレギュラーでセッターというポジションにかかる期待に常に応え続けている人なので」と述べた。

その後会場ではサプライズで、2015年11月の初演から2018年10月より上演された「“最強の場所(チーム)”」まで日向翔陽役を演じた須賀健太と、「ハイキュー!!」ファンの古田新太池田成志からのビデオメッセージを上映。さらに中野編集長が古舘描き下ろしの応援イラストをお披露目すると、醍醐は「こんな贅沢なことはない、気が引き締まります!」、赤名は「古舘先生にも楽しんでいただける公演にしたいと思います」と感想を口にした。

そして須賀から役を引き継ぐことへの思いについて醍醐は「偉大な須賀さんが演じていた役なので、燃える部分はあります。ですがあくまで自分のフィルターを通した日向翔陽を演じて、どんどん新しいことをしていきたいです」と宣言。赤名も「“新生烏野”メンバーと楽しく一所懸命、高みを目指していけたら」と意気込んだ。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」は、11月1日から4日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、11月9日から16日まで大阪・メルパルクホール、11月22日から24日まで宮城・多賀城市民会館大ホール、12月6日から15日まで東京・日本青年館ホールにて上演される。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」

日程:2019年11月1日(金)~11月4日(月・振休)
場所:東京都 TOKYO DOME CITY HALL

日程:2019年11月9日(土)~11月16日(土)
場所:大阪府 メルパルクホール

日程:2019年11月22日(金)~11月24日(日)
場所:宮城県 多賀城市民会館 大ホール

日程:2019年12月6日(金)~12月15日(日)
場所:東京都 日本青年館ホール

スタッフ

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔

キャスト

烏野高校

日向翔陽:醍醐虎汰朗
影山飛雄:赤名竜之輔

月島蛍:山本涼介
山口忠:織部典成
田中龍之介:鐘ヶ江洸
西谷夕:北澤優駿
縁下力:中谷優心
木下久志:長田翔恩
澤村大地:日向野祥
菅原孝支:一ノ瀬竜
東峰旭:福田侑哉

烏野高校 マネージャー
清水潔子:大久保聡美
谷地仁花:山本樹里

烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:鎌苅健太
烏養繋心:小笠原健

青葉城西高校
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:神田聖司

白鳥沢学園高校
天童覚:加藤健
白布賢二郎:佐藤信長
五色工:菊池修司
鷲匠鍛治:川下大洋

伊達工業高校
青根高伸:新井將
二口堅治:木村敦
作並浩輔:廣野凌大
黄金川貫至:羽富琉偉

井闥山学院高校
佐久早聖臣:つわぶき峻

鴎台高校
星海光来:輝山立

稲荷崎高校
宮侑:松島勇之介

(c)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

コミックナタリーをフォロー