「聖女様を甘やかしたい!」「監獄スローライフ」などコンプエースで新連載3本

24

戸津秋太原作によるkanco「聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ」、山崎響原作による平未夜「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」、逢沢大介原作による瀬田U「陰の実力者になりたくて! しゃどーがいでん」という、小説を原作とするコミカライズ連載3本が、本日7月26日発売の月刊コンプエース9月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ」カット

「聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ」カット

大きなサイズで見る(全5件)

「聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ」は、癒やしの力を持つ聖女ルナと神官ベイルのラブストーリー。ベイルがこれまでに出会ったことのある聖女候補は、みんな精神を摩耗し表情を失った人形のような存在だった。しかし可憐で明るいルナはひと目で彼の心を奪い、2人は田舎の教会で一緒に生活を始める。ただの神官ではなく裏の顔を持つベイルの影と、彼女への恋心がドラマを紡ぐ。

「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」カット

「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」カット[拡大]

「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」は、パーティの真っ最中に王子から婚約破棄を言い渡されたヒロイン・レイチェルが投獄されたことから始まるプリズンコメディ。普通の貴族令嬢であれば牢屋に入れられれば泣いて謝るところだが、用意周到なレイチェルは投獄の可能性を事前に考え、牢の中に立てこもりに必要な物資をあらかじめ搬入していた。牢屋の中で優雅に生活するレイチェルと、彼女をどうにか懲らしめたいのに打つ手がなく地団駄を踏む王子の奇妙な関係が見どころだ。

「陰の実力者になりたくて! しゃどーがいでん」は、主人公でもラスボスでもなく陰ながら事件に介入し圧倒的な実力を見せつけていく存在「陰の実力者」になりたい主人公シド・カゲノーを描く「陰の実力者になりたくて!」のスピンオフ4コマ。本編で巻き起こるエピソードの数々をギャグタッチで描いている。

この記事の画像(全5件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。