コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「キンプリ」「DREAM!ing」キャラとお泊り!資料展示やアメニティのプレゼントも

908

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」コンセプトルームの様子。

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」コンセプトルームの様子。

アニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」およびスマートフォンゲーム「DREAM!ing」とのコラボルームが、東京・池袋のサンシャインシティプリンスホテルに期間限定で7月20日から10月19日まで同時展開される。先がけて本日7月18日に内覧会が行われた。

本コラボレーションは、アニメやマンガのファンに向けたサンシャインシティプリンスホテルの専用コンセプトフロア「IKEPRI25」の第2弾として展開されるもの。「IKEPRI25」はTokyo Otaku Modeによるプロデュースのもと4月にオープンし、第1弾では「Fate/Grand Order」とのコラボを行った。今回は2作品とのコラボを同時に展開するため、フロアの片側が「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」ゾーン、反対側が「DREAM!ing」ゾーンといった形で区切られ、それぞれに宿泊できるコンセプトルームが10部屋と、2種類の共有ラウンジが用意されている。

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」とのコラボでは、パジャマや部屋着を身につけたエーデルローズ生と如月ルイ、大和アレクサンダー、高田馬場ジョージのイラストを描き下ろし。エーデルローズ寮をイメージしたコンセプトルームは、窓にバラの咲く庭が望めるような修飾が施され、団扇やエプロン、メッセージ入りの等身大パネルなど、キャラクターの存在が身近に感じられるようなアイテムが配置された。またノベルティとしてポストカード、校章をあしらった石鹸、ミラー、コーム、タオルがプレゼントされる。

共有ラウンジの「パーティールーム」ではライブでキャストが着用した衣装やアニメの原画、台本などの貴重な資料を間近で見ることができる。室内にはシンとタイガによる録り下ろしのアナウンスが流れ、さらにキャラクターパネルの横に設置されたQRコードを読み取ることで、キャラクター同士の会話も楽しめる。なおアナウンスや会話メッセージは月ごとに変更される。「エーデルローズ寮 展示室」にはこれまで発売された関連書籍やグッズが多数飾られた。

「DREAM!ing」のコンセプトルームでは、客室案内やドアボーイなど、ホテルの従業員に扮したミニキャラのパネルがお出迎え。ファンシーな「おひるね☆ルーム」と幻想的な「おやすみ★ルーム」の2種が5部屋ずつ用意された。共有ラウンジの「ゆめライブルーム」では、パジャマ姿の首席候補生たちに囲まれながら大画面で“ゆめライブ”の映像が楽しめ、「ゆめホテルラウンジ」では猿渡喜一、桐谷洋介、伊野尾正親らのアナウンスを聞くことができる。ノベルティにはポストカード、ポーチ、石鹸、コーム、タオルが用意された。

宿泊予約は「IKEPRI25」の公式サイトで受付中。料金や予約方法の詳細は、公式サイトで確認を。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー