コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

めだかボックス1周年で人気投票。次号「斬」杉田尚始動

35

本日6月28日に発売された週刊少年ジャンプ30号(集英社)では、西尾維新原作、暁月あきら作画「めだかボックス」の連載1周年を記念して、キャラクター人気投票を開催している。

人気投票では、投票者の中から抽選で200人に今号の扉イラストを使用したB2ポスターを、西尾と暁月の直筆サイン入りでプレゼント。応募の締め切りは7月12日だ。また「めだかボックス」は、集英社ジャンプ系列誌の情報番組「サキよみ ジャンBANG!」内の人気コーナー「VOMIC」の7月期に登場することも決定している。「VOMIC」は、静止画とキャラクターボイスを用いてテレビ画面でマンガ誌面を再現する新感覚コミックで、「めだかボックス」は2月期に引き続き2回目の登場。

ほかにも今号では、「アイシールド21」の原作を担当していた稲垣理一郎の原作による読み切り「KIBA&KIBA」が掲載されている。作画を手がけたのは台湾のマンガ家・彭傑(ポンジェー)。また土田健太「LOCK ON!」は最終回を迎えた。

なお7月5日に発売される次号週刊少年ジャンプ31号では、「斬」で知られる杉田尚の新連載「SWOT」がスタート。7月12日発売の同誌32号では、堀越耕平による新連載「逢魔ヶ刻動物園」がスタートする。

コミックナタリーをフォロー