コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

悠木碧が“獣人”をテーマに企画・原作・プロデュースを手がけるアニメ化企画始動

6330

声優・悠木碧が企画・原作・プロデュースを行い、「獣人」をテーマとしたオリジナルアニメ制作を目指すプロジェクトがスタートした。

本日7月7日の七夕にアニメ化実現への願いを込めてスタートした、YUKI×AOIキメラプロジェクトでは、動物の造形に対するこだわりをSNSなどで発信してきた悠木が、ゼロからアニメの立ち上げに初挑戦。悠木はこれまでにも、2018年に解散したファンクラブの企画や、ファンレターへの返信で獣人イラストを披露していた。今回の発表に併せ、悠木がキャラクター原案を手がけるビジュアルのシルエットも公開。アニメでは彼女が望む「獣人」の世界が描かれる予定だ。本プロジェクトへの参加企業は今後募集。悠木を中心に、協力者が集まっていく様子や、アニメ化実現に向けてのチャレンジの道のりは、本プロジェクトの公式Twitterアカウントや、公式サイトにて公開していく。

悠木は夢だったという今回のプロジェクトについて「自分でお話を考えて、キャラクターを考えて、演じて…それがちゃんとアニメになる。まさか、本当に叶えていただけることになるなんて」と驚きを語る。さらに「あーでもない、こーでもないしながら頑張っていこうと思うので、長い目で見守って貰えたらうれしいです。フルパーティ揃ったら、きっと過酷なダンジョンもクリア出来るはず。ズルせず、真面目に、でも全力で楽しんで、まずは作品を実現させていけたらと思っています!」と意気込みを寄せた。

悠木碧コメント

ずーっと夢見てきました。自分でお話を考えて、キャラクターを考えて、演じて…それがちゃんとアニメになる。まさか、本当に叶えて頂けることになるなんて。2019年は、写真集プロデュースや、アルバム制作、アイショタ!等など、制作方面に踏み出す年にしたくて。ずっとずっとあたためてきたこの企画を、下半期一発目にご報告できて、とても嬉しく思います。声優の仕事は1に2や3を付与していくものですが、アニメの制作は0から1を産む仕事。勿論1からアニメを作ったことはありません。これからその様子まで含めて、楽しいことも、しんどい事もお伝えしていくことになるかなって思います。あーでもない、こーでもないしながら頑張っていこうと思うので、長い目で見守って貰えたら嬉しいです。フルパーティ揃ったら、きっと過酷なダンジョンもクリア出来るはず。ズルせず、真面目に、でも全力で楽しんで、まずは作品を実現させていけたらと思っています!応援よろしくお願いします!

コミックナタリーをフォロー