コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

世界を滅ぼす力を持った少女と、突然彼女の兄になった少年の怪異ファンタジー1巻

121

「無刀ブラック」の野々上大二郎による「最後の西遊記」の1巻が、本日7月4日に発売された。

「最後の西遊記」は、父親から「今日からお前の妹だ」と突然1人の少女を紹介された小学生・龍之介を主人公に描く怪異ファンタジー。コハルと呼ばれるその少女は体が不自由なため、龍之介は父親から毎日学校を休んで彼女の面倒を見るように命じられる。反発する龍之介だったが、ある事件をきっかけにコハルが世界を滅ぼすことすらできる力を持っていると知り、父親からは「お前を愛させる為に俺は小春を連れてきた」と説明されるが……。本作は週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されている。

コミックナタリーをフォロー