コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「最遊記歌劇伝-Darkness-」開幕、鈴木拡樹「新しいお客様にも知ってほしい」

2284

左から玄奘三蔵役の鈴木拡樹、ヘイゼル役の法月康平。

左から玄奘三蔵役の鈴木拡樹、ヘイゼル役の法月康平。

峰倉かずや「最遊記」シリーズを原作とするミュージカル「最遊記歌劇伝-Darkness-」が、本日6月6日に東京・ヒューリックホール東京で開幕。これに先がけ同日、ゲネプロと囲み取材が行われた。

6月6日から14日にかけて東京・ヒューリックホール東京で上演される「最遊記歌劇伝-Darkness-」。天竺を目指す三蔵一行の前に、死者を甦らせる術を持つ異国の司教・ヘイゼルとその従者・ガトが現れるエピソードが展開される。会見には、玄奘三蔵役の鈴木拡樹とヘイゼル役の法月康平が登場。2015年上演の「最遊記歌劇伝 ―Reload―」以来、4年ぶりの公演となる鈴木は「今回、『三蔵一行が帰ってきた』というのをテーマにしたいと思っています。新しいメンバー加わり、ここから少し長い旅になると思うので、新しく観ていただくお客様にもこの作品を知ってほしい」と思いを語る。

また初参加となる法月は「初参加とは思えないくらい早い段階でこの世界に飛び込むことができました。僕には居心地が良かったです」と短かったという稽古期間を振り返り、「共演者の皆さんも時間がない中で、できることを1つひとつ探して、全員で今日の初日を目指してきました」と述べる。また「千秋楽まで怪我のないように、がんばっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と抱負を語る。

そして鈴木が「三蔵一行は、ヒーローらしくないヒーロー。どちらかというと毎回ゲストで来る敵キャラのほうがメインじゃないかと感じているので(笑)。これから『Oasis編』もありますので、次回作も楽しみにしていただけるとうれしく思います」と意気込んだ。「最遊記歌劇伝-Darkness-」の公演は6月14日まで。なおこのたび、6月13日公演のディレイ配信実施、および本作のDVDが12月4日に発売されることも決定した。

※記事初出時、本文中に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

ミュージカル「最遊記歌劇伝-Darkness-」

日程:2019年6月6日(木)~14日(金)
劇場:東京・ヒューリックホール東京

スタッフ

原作:峰倉かずや「最遊記」「最遊記RELOAD」(一迅社刊)
脚本・演出:三浦香
主催:最遊記歌劇伝旅社(CLIE・フロンティアワークス)

キャスト

玄奘三蔵:鈴木拡樹
孫悟空:椎名鯛造
沙悟浄:鮎川太陽
猪八戒:さいねい龍二
ヘイゼル=グロース:法月康平
ガト:成松慶彦
フィルバート=グロース:うじすけ
光明三蔵:三上俊
烏哭三蔵:唐橋充
アンサンブル:河城英之介・川口空汰(Wキャスト)、坪内悟、山下潤、中西奨、森田龍、是澤洋文、菅山望、轟大輝、小島飛鳥、竹本太朗、森川大輝、深澤悠斗

(c)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2019

コミックナタリーをフォロー