コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

今秋公開「映画スタプリ」ビジュアル解禁、監督は「キュアモフルン」の田中裕太

4079

「映画スター☆トゥインクルプリキュア」イメージビジュアル

「映画スター☆トゥインクルプリキュア」イメージビジュアル

アニメ「プリキュア」シリーズの劇場版最新作「映画スター☆トゥインクルプリキュア」が、10月19日に公開されることが明らかに。併せて同作のイメージビジュアルが披露された。

「映画スター☆トゥインクルプリキュア」のテーマは「絆」。“「プリキュア」史上、最高に切なく温かい物語”と銘打たれ、監督は「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」を手がけた田中裕太、プロデューサーは東映アニメーションの村瀬亜季が務める。村瀬プロデューサーは本作について「『夜空をかける“流れ星”のようなロマンチックな映画』を目指し、キラキラで夢やときめきがいっぱいだけど、ほんのちょっぴり切ない物語になっています」と語っている。

イメージビジュアルは「保護者の方が、子どもに見せたくなる」「お母さんが子どもに読み聞かせる絵本」という志向のもと、児童書の挿絵などを手がけるイラストレーターのいなとめまきこにオファーがなされた。地球から宇宙を見た視点の「地球ver.」と、宇宙から地球を見た視点の「宇宙ver.」の2枚で構成され、両イラストは星空でつながる仕様になっている。「地球ver.」には「うたを歌おう。道しるべとなるように。」というコピーと星空でひときわ輝きを放つ星が、「宇宙ver.」には「わたしたちはみんな、旅のとちゅう。」というキャッチコピーとともに、流星群からはぐれて地球に向かって落ちる星が描かれた。

なお「プリキュア」シリーズで“イメージビジュアル”が公開されたのは今回が初めて。村瀬プロデューサーは「イメージビジュアルを通して、映画の雰囲気や、そこで描かれる『スター☆トゥインクルプリキュア』の物語を“イマジネーション”で自由に感じていただけたら嬉しいです」とメッセージを寄せている。

村瀬亜季(プロデューサー / 東映アニメーション)コメント

地球人と宇宙人の出会い、未知との遭遇に溢れている「スター☆トゥインクルプリキュア」。
今回の劇場版は「夜空をかける“流れ星”のようなロマンチックな映画」を目指し、キラキラで夢やときめきがいっぱいだけど、ほんのちょっぴり切ない物語になっています。
作成頂いたイラストは、お伝えしたイメージと一切の違和感もなく、暗い森を抜けた先で、目の前に広がる満天の星空をみたような感覚でした。想いが届いた!と、とても嬉しかったです。
このイメージビジュアルを通して、映画の雰囲気や、そこで描かれる「スター☆トゥインクルプリキュア」の物語を“イマジネーション”で自由に感じていただけたら嬉しいです。そして、その“イマジネーション”を大切な人と共有してみてください。
今後も、ポスターや予告映像など、星を繋ぎ合わせて1つの星座を描くように、本作のことを少しずつお伝えできればと思います。

「映画スター☆トゥインクルプリキュア」

2019年10月19日(土)ロードショー

(c)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

コミックナタリーをフォロー