コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「初恋」“強い愛”ある夫婦演じた倍賞千恵子と藤竜也、猫抱き上げ思わず笑顔

166

「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」初日舞台挨拶の様子。左から倍賞千恵子、藤竜也。

「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」初日舞台挨拶の様子。左から倍賞千恵子、藤竜也。

西炯子原作による実写映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」の初日舞台挨拶が、本日5月10日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、有喜子役の倍賞千恵子、勝役の藤竜也、菜穂子役の市川実日子、雅紀役の小市慢太郎、祥子役の西田尚美小林聖太郎監督が出席した。

亭主関白で頑固な勝役を演じた藤は、イベントの冒頭、「『日本中の奥様方に嫌われるようにやってください』と終始監督に言われながら演じました」と挨拶。そんな藤と28年ぶりに夫婦役を務めたという倍賞は「本当の藤さんはとても優しい方。けれど映画の中では口を利いてくれないお父さんで、撮影のときもあまりそばにいてくれないのでちょっとさみしかったんですが(笑)」と笑顔を見せながら、「台本を読んだときに、この夫婦の中にとても強い愛があることが好きで、この仕事を受けさせていただきました」とオファー当時を振り返った。

有喜子、勝と同じく、自身も結婚生活50年を迎えたことを明かす藤。「なるほどなと思ったのは、親子関係というのは誰が何しようと切れないんですよね。でも夫婦っていうのは50年ずっと寄り添っていても、紙1枚を持って赤の他人になれる。この映画を観て考えたときにゾッとしましたね」と率直な思いを述べ、「夫婦の絆というのは堅固なようでいて大変脆弱なんだな、気をつけなきゃいかんなと思うようになりました」と語る。そんな藤に倍賞は「でも藤さんは奥様に優しくて、いつも『ありがとう』と声を掛けていてとても素敵なんです」と称えた。

その後もイベントではそれぞれが印象的だったシーンについてトークを繰り広げていく。同作に志津子役で出演し、昨年5月に死去した星由里子について話題が挙がると、倍賞は「私はいい加減なところがあるんですけれども、いつも彼女は背筋がピンとしていて。スターはこんなふうにあるべきなんだなと感じました」と思い返す。藤は「星さんが『何をそんなにカッコつけてるの?』というようなセリフがあるんですが、あれは効きましたね。その一言でキャリアから来る重さ、優しさを感じました」と撮影中に印象的だったセリフを挙げた。

イベントの終盤に行われたフォトセッションには、チビ役を務めた猫のりんごも登場。りんごを抱き上げた藤は思わず顔がほころび、倍賞と微笑みを交わしていた。映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」は全国で公開中。

(c)2019西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

コミックナタリーをフォロー