コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

杉本亜未「ANIMAL X」荒神の一族編が復刊、種も性も超えた愛を描くSFミステリー

220

杉本亜未「ANIMAL X」が、KADOKAWAによる傑作復刊企画「名作、再燃」に登場。「荒神の一族」のシリーズを全4巻で刊行する。本日4月24日に1・2巻が同時発売された。

本作は驚異的な潜在能力を持つが、女が少なく繁殖の問題を抱えた種族・荒神を巡るSFミステリー。遠藤ケミカルのメディカル・リサーチ・センターで研究員をしていた鮎川裕司が、荒神の男・浅羽湊に見初められ、村へと誘拐されたことから物語は動き出す。裕司は人間の男性だが、荒神の子を産む条件が揃っており、子孫繁栄の犠牲として村人たちは彼に子作りを強要する。続巻となる3・4巻は5月24日に発売予定。

コミックナタリーをフォロー