コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「峰不二子の嘘」栗田貫一がモンキー・パンチ悼む「ルパンをこれからも一生懸命に」

669

モンキー・パンチ原作による劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」の完成披露上映会が、本日4月24日に東京・新宿バルト9で行われた。

本編上映後には舞台挨拶が実施され、ルパン三世役の栗田貫一、本作に峰不二子の敵となる殺し屋・ビンカム役で出演する宮野真守、監督の小池健、プロデューサーの浄園祐が登壇。いち早く本編を見届けた観客たちに、大きな拍手で迎えられた。

「ルパン三世」シリーズに初参戦となった宮野は、本作への思いを「憧れでした」とコメント。またアフレコ現場の様子を振り返り、「ルパンチームはすでに家族だった。そこに迎え入れてもらえた感じがありました」と語った。

また「次元大介の墓標」「血煙の石川五ェ門」に続くシリーズ第3弾の主役が不二子だったことについて話が及ぶと、栗田が銭形幸一役の山寺宏一と、自分たちの出番について話したことをにおわせる。浄園プロデューサーは明言を避けながらも、「『ルパン三世』の中でも、モンキー・パンチ先生のエッセンスを色濃く出していける人、それは現段階では小池監督。そしてこのシリーズに携わってくださるスタッフの皆さんだと思っています。まだまだ続けていきたい」と述べた。

MCに「不二子の魅力は?」と尋ねられると、キャスト2人が「エロい」「おっぱいが……」と述べて会場を笑わせる。小池監督は「やはり謎めく女というところが魅力。知能の高さ、美貌といった皆さんが持っているイメージを落とし込んだうえで、今回の作品で新たな付加価値が生まれたらいいなと思い、挑戦しました」と思いを口にした。

なお本編の最後には、原作者のモンキー・パンチが4月11日に死去したことを受け「モンキー・パンチ先生 ありがとう ルパン三世よ 永遠に」というメッセージが。栗田はトーク中にモンキー・パンチとの思い出を語り、最後には「モンキーさんに預けていただいた『ルパン』という作品を、これからも一生懸命がんばっていきたい」と頷いた。

劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」は5月31日より限定劇場公開。

※記事初出時、キャラクター名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」

2019年5月31日(金)より新宿バルト9ほか限定劇場公開

スタッフ

原作:モンキー・パンチ
監督・演出・キャラクターデザイン:小池健
脚本:高橋悠也
音楽:ジェイムス下地
クリエイティブ・アドバイザー:石井克人
製作・著作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
共同配給:ティ・ジョイ、トムス・エンタテインメント

キャスト

ルパン三世:栗田貫一
次元大介:小林清志
峰不二子:沢城みゆき
ビンカム:宮野真守
ほか

原作:モンキー・パンチ (c)TMS

コミックナタリーをフォロー