森永みるくが自身の保護猫活動の現実を描くエッセイ「ねこボラ部のみるくさん」

218

森永みるく「ねこボラ部のみるくさん」が、本日4月12日に発売された。

「ねこボラ部のみるくさん」帯付き

「ねこボラ部のみるくさん」帯付き

大きなサイズで見る(全10件)

「ねこボラ部のみるくさん」より

「ねこボラ部のみるくさん」より

マンガアプリ・Palcyにて連載された本作は、「GIRL FRIENDS」「ハナとヒナは放課後」などの百合作品で知られる森永が、自身が長年尽力している猫の保護活動を題材に描くコミックエッセイ。保護活動のために昼夜問わず奔走する森永は、野良猫を捕獲し、不妊手術を行い、再び元の場所に返す「TNR活動」といった保護活動を行っている。たくさんの保護猫たちに囲まれる日々の活動から、ボランティアを始めたきっかけ、友人マンガ家の猫アレルギーのことなど、“ねこボラ活動”にまつわるエピソードが描かれる。

なお購入特典として、COMIC ZINでは両面カラーイラストカード、漫画全巻ドットコムでは描き下ろしイラストカードが用意された。

この記事の画像(全10件)

関連商品

リンク

(c)森永みるく/講談社・pixiv