コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

封印したはずの“黒歴史”が蘇る、中二病全開コメディ「しずまれ! ヴィンセント」

56

かいれめく「しずまれ! ヴィンセント」1巻が、本日3月8日に発売された。

マガジンポケットにて連載中の本作は、なぜか人の“黒歴史”が見えてしまう主人公・秋良キミエを描くコメディ。中学時代、創作活動に没頭していたキミエは「薔薇の騎士・ヴィンセント」というキャラクターを創り、「鏡の世界の呪われし姫・キミュエル」という自己投影したキャラクターになりきって過ごしていた。しかし過去の自分と決別するため、高校では普通の女子高生として過ごすことを決意したキミエ。イメチェンをし、理想の高校生活を送っていたが、早々に自分の“黒歴史”がクラスメイトにバレてしまう。自分は変われないと落ち込むキミエの前に現れたのは「薔薇の騎士ヴィンセント」で……。単行本の帯には「日常バグ報告」などで知られるやしろあずきがコメントを寄せている。

コミックナタリーをフォロー