コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ONE PIECE×Indeed、チョッパー助手の働く姿がCMに!Dr.くれはも感心

803

「ONE PIECE」とIndeedのコラボCM「チョッパー 助手 バイト」編より。

「ONE PIECE」とIndeedのコラボCM「チョッパー 助手 バイト」編より。

尾田栄一郎原作によるアニメ「ONE PIECE」と、求人検索エンジン・IndeedによるコラボCMのスピンオフとして、「チョッパー 助手 バイト」編が本日3月5日に公開された。

「ONE PIECE」とIndeedのコラボ施策ではルフィに扮装した斎藤工らのCMがオンエアされているほか、麦わらの一味の仕事を手伝ってくれる仲間の求人広告を展開中。1月7日にスタートした「チョッパー 助手」編では、チョッパーの助手として「ヒルルクの桜」の再現を手伝ってくれる仲間を募集していた。

本日公開されたCMは「チョッパー 助手」の選考を通過した約100名が、2月14日に東京・六本木で「ヒルルクの桜」の点灯補助業務に従事した姿を切り取ったもの。参加者たちはサクラ王国の医師団に扮し、「ヒルルクの桜」の再現を見に集まった人たちを喜ばそうと懸命に働いている。その光景を見ながら、Dr.くれはに扮装した夏木マリが「あの顔をご覧よ。こういう瞬間のために、人は働くのかもしれないね」とつぶやくという内容だ。

なおCM撮影について夏木は、「この素晴らしいドラム王国で、すごく綺麗な画の中に“Dr.くれは”として立たせていただいてすごく気持ちよかったです」とコメント。Dr.くれはについては「自分らしく仕事をブラッシュアップしていくというキャラクターは、働く女性として憧れるので、そういう女性になりたいなとも思います」と語った。

夏木マリコメント

撮影の感想

この素晴らしいドラム王国で、すごく綺麗な画の中に“Dr.くれは”として立たせていただいてすごく気持ちよかったです。

Dr.くれは役を演じる上で意識した点

ワンピースは熱狂的なファンの方がいっぱいいらっしゃるし、この“Dr.くれは”もとても個性的な役なので、ファンの皆さんに楽しんでいただけるように演じられれば良いなと思って演りました。

ONE PIECEで好きなシーン(またはキャラクター、エピソード)

(Dr.くれはの)登場シーンが一番格好良いと思いますが、彼女が自分らしく仕事をブラッシュアップしていくというキャラクターは、働く女性として憧れるので、そういう女性になりたいなとも思います。ギャランティー(報酬)もしっかり確保するところも良いですね(笑)。

コミックナタリーをフォロー