コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫「バンパイヤ」が原作、現代の京都で生きる獣人一族を描く「京獣物語」

179

ボクテンゴウの新連載「京獣物語」が、本日2月5日発売のテヅコミVol.5(マイクロマガジン社)でスタートした。

手塚治虫「バンパイヤ」を原作とする本作は、現代の京都を舞台に、マンガ家志望の女性・北山亜子と動物に変身する能力を持つ一族を描く物語。ある日駅のホームで、獣人の青年と“狩人”の戦いを目撃した亜子は、それをマンガのネタにしようと思いつく。だが描き上げたネームを編集者に見せた亜子は、ネームをボツにされてしまっただけでなく、突然部屋に現れた青年に「お前を連れてこいってよ」と一族の長のもとへと連行されて……。

手塚治虫を敬愛するマンガ家たちが、手塚作品を自由な発想でアレンジしたオリジナル作品を執筆しているテヅコミ。そのほか今号ではエルザ・ブランツが「リボンの騎士」を題材に描いた読み切り「ヘケート――女の子ってなんなの!?」もゲスト掲載された。テヅコミには通常版と限定版が用意されており、Vol.5の限定版には「どろろ」のメダルが付属している。

コミックナタリーをフォロー