コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「モブサイコ100 II」大迫力の“最上編”先行上映、伊藤節生&石田彰が胸中明かす

1864

ONE原作によるTVアニメ「モブサイコ100 II」のイベント「サイコヘルメット教のつどい『モブサイコ100 II』4話・5話先行上映会」が、本日1月31日に東京・新宿ピカデリーで行われ、影山茂夫役の伊藤節生、最上啓示役の石田彰が登壇した。

「最上編」と称される第4・5話は、かつて“人々を救う善良な霊能力者”として一世を風靡した男・最上啓示をキーパーソンに展開される物語。放送よりひと足早く公開された第5話では大迫力のアクションシーンが繰り広げられ、上映後に登壇した伊藤は「あの映像ですよ? あの迫力ですよ? スクリーンで観たいじゃないですか。(スタッフに『観たい』と)お願いしたんですが、ダメでした(笑)」と残念そうにこぼしながらも、「体重が2キロくらい落ちたんじゃないかと思えるほど、食い入るように観てしまうのでは」と映像の仕上がりについて感想を述べた。

2期からの参加となる石田は、「原作は読ませていただいていたので全体のイメージはわかっていたんですが、その中でも真面目なほうに話を振っている回だなと。主人公のモブくんをいじめ抜く役だったので、面白そうだなと思ってスタジオに来ました」と話すと、会場からは笑いが漏れる。「実生活ではそういうことをしちゃいけないんですよ? ただ、演じるにおいてそれがやれるというのは面白いんです」と説明した。

過去に共演はありつつも、作中で絡みのある役どころを演じるのは初めてだという2人。石田は伊藤について「見た目からサイコヘルメットの人」と述べつつ、「モブとして声を当てているところを見ると、『ああ、モブってこんな感じの子だよな』という説得力がありました」と述懐する。一方の伊藤は石田を「神」と崇めながら、「本当に子供の頃から見ていて、憧れの……」と続けると、石田は「そりゃあ歳も取るわなあ! 子供の頃だってさ! みんなもそうなの?」と観客に問いかけ笑いを誘う。伊藤は「お話ではモブと最上が戦いますけど、僕は『勝てません!』と思って。4話と5話の収録が始まるときも、『いよいよ来たか』という気持ちで臨ませていただきました」と石田との共演するにあたっての心境を明かした。

石田は脚本を読み、「伝説の存在になっている人をやれるということにワクワク感があった」と言う。また「最上がモブにプレッシャーをかけることで、この先彼がどう変わっていくかという、ターニングポイントになる話」と続け、「大事な役だ、プレッシャーかかるなって思いました。神だなんて持ち上げてくれましたけど、そんなもんです。ドキドキしてるんです」と素直な気持ちを告白した。

伊藤は「最上編」のストーリーを「とにかく重い」とコメント。「(脚本を読んだ際に)僕の心のダメージがすごく大きくて。僕がまず立ち直らなければいけないなと。立ち直ったうえで、立ち直ったモブくんを演じなければいけないと思わされました」と話す。「モブくんはほぼ1人で戦っていたので、それを支えるのは僕自身の気持ちしかないと。しっかりと強い気持ちで挑んで、砕け散ろうと収録に臨みました」とアフレコ時の意気込みを語った。また「2話、3話から(モブの中に)悩みが芽生え始めていて。自分の悩みと戦おうとする姿勢が、そのまま最上に対して戦おうとする姿勢に捉えられるのかなと。なのでモブくん自身の意志で決めて、この結論に至ったという説得力を意識したかった。モブくんの中で(悩みへの)答えへの道が見えたんだというふうに見せられたらと」と演じた際の思いを振り返った。

最後に石田はイベントタイトルの「サイコヘルメット教のつどい」に触れ、「ぜひとも今後も教団員として『モブサイコ』を押して押して押しまくっていただければと思います。もしお友達の中に嵐の活動休止を聞いて落ち込んでいる方がいましたら、『モブサイコ』観るといいよ!とお伝えください」と挨拶し、「サイコヘルメットよ永遠なれ!」と締めくくった。続く伊藤も「感想などはSNSなどで世に広めていただいて、サイコヘルメット教の信者をもっと増やしていただきたい。2期はまだまだ続きますが、そうやって広がっていくと……“3”とか、あったらうれしいです」と期待を寄せ、会場からも拍手が巻き起こる。そして「嵐で落ち込んでらっしゃる方々……」と石田に乗っかりながら、「肩こり等で悩んでる方にも、『モブサイコ100』を観れば体の不調が治るよと勧めていただければ」とメッセージを贈った。

アニメ「モブサイコ100 II」はTOKYO MXほかにて放送中。第5話は2月4日より順次オンエアされる。

(c)ONE・小学館/「モブサイコ100 II」製作委員会

コミックナタリーをフォロー