コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「あした世界が終わるとしても」舞台挨拶、中島ヨシキが梶裕貴の実在を疑う

1102

アニメ映画「あした世界が終わるとしても」の公開記念舞台挨拶が、本日1月26日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、ハザマジン役の中島ヨシキ、イズミコトコ役の千本木彩花、監督・脚本を務める櫻木優平が登壇した。

「あした世界が終わるとしても」は幼い頃に母を亡くして以来心を閉ざしがちな狭間真(シン)と、彼を見守ってきた幼なじみの泉琴莉(コトリ)を軸にした物語。中島演じるジンと千本木演じるコトコは、日本と相対するもう1つの世界「日本公国」に生きる、もう1人の真と琴莉にあたるキャラクターだ。中島は本作に関して「監督の音響作業も見学させていただいたり、(自分が)けっこう関わっている感じがあって、どう受け取ってもらえるのか楽しみです」と思い入れを滲ませ、千本木は「私も劇場で観ましたが、自信を持って『観てください』って言える作品です」と太鼓判を押す。劇場作品の監督は初めてとなる櫻木は「公開してからのほうが精神的にくるものがあるなって……(笑)。皆さんのリアクションが楽しみでもあるんですが、怖いです」と公開を迎えての胸中を明かした。

千本木は本作を「こだわりがたくさん詰まっている作品」だと言い、「瞳の動きや体の動きもそうなんですが、すごく感動したのが、カロリーメイトを開けるときの音がすごくリアルで。この1つの動作にこの音をつける労力はすごい!」と印象に残った点を語る。櫻木は「やっぱり手描き(アニメ)のよさを真似するだけだと手描きに勝てないので、今回はCGじゃないとできない要素をふんだんに入れてみました」とCGアニメならではの考えを明かした。中島が「前半、中盤、後半で展開がめまぐるしく変わって、あっという間なんです。(ジンたちのいる)β世界のキャラクターたちは出番が少なかったので、もっと見てみたいと思いました」と話すと、千本木は「スピンオフ! コトコの日常やりましょう!」とアピールした。

あいみょんが手がける主題歌について、千本木は「映画に挿入歌としてはめこんだときにどうなるのか興味があったんですが、いい感じに物語に馴染んでいて、すごいなと思いました」と絶賛。また「先週の舞台挨拶が終わったあと、ステージから控室への道で口ずさんでいたら、梶(裕貴)さんもちょっと歌ってて。耳に残るよねって話をしたんです」と裏話を披露した。一方、中島はまだ本作の関連現場で梶に会っていないという。「名前は死ぬほど見かけるんですけど、姿を見かけないもので、梶さんって本当にいるのかなって……」と言う中島は、2月9日に行われる舞台挨拶に梶と中島が登壇することが司会者からアナウンスされると、中島は「やった! サインもらおう! 生きててよかった!」と大喜びし、観客からも拍手が贈られた。

本作が新宿を舞台とした物語であることから新宿にまつわるエピソードを尋ねられると、中島は「僕は大体ビックロにいますね。昨日もいました。ビックロで会える声優です(笑)」と答え、「メインキャスト6人でポスターにサインするときも、ビックロの上に書いたんですよ」と続けて観客を笑わせる。櫻木は「日本を代表する街は渋谷か新宿だと思ったんですが、渋谷は再開発をしているので、街並みが変わっちゃうなって。自分のスタジオが今新宿にあるので、ロケハンしやすいというのもありました」と新宿を舞台に選んだ理由を明かした。

最後に中島は「情報量がすごいので、どう捉えていただけるのか、ラストもハッピーエンドと取るのか、バッドエンドと取るのか。そんなことも含めて劇場に足を運んでもらたら」と話し、千本木は「もしも明日世界が終わったら、ということを、私もこの映画を通じてすごく考えましたし、友達同士で話してもらうのも楽しいと思います」と本作の楽しみ方を提案。櫻木は「初めての劇場作品ということで、本当にいろんなことにチャレンジして、精一杯作り上げた作品です。それが少しでも伝わって、楽しんでいただけていたらうれしいです」と呼びかけ、舞台挨拶を締めくくった。

オリジナル長編アニメーション映画「あした世界が終わるとしても」

公開中

スタッフ

原作:クラフター
監督・脚本:櫻木優平
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会
配給:松竹メディア事業部

キャスト

狭間真:梶裕貴
泉琴莉:内田真礼
ジン:中島ヨシキ
コトコ:千本木彩花
ミコ:悠木碧
リコ:水瀬いのり
狭間源司:津田健次郎
泉宗:森川智之
ユーリ:水樹奈々

(c)あした世界が終わるとしても

コミックナタリーをフォロー