コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

鈴木健一監督×十文字青脚本のP.A.WORKS新作アニメ「フェアリーゴーン」4月から

288

オリジナルTVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」が4月より放送される。このたびティザービジュアル、ティザーPV、スタッフ・キャスト情報などが明らかになった。

「Fairy gone フェアリーゴーン」は、妖精を分身として出現させ兵器として自在に操ることのできる人間、“妖精兵”が存在する世界を舞台にした作品。戦争から9年が経つも不安定な政治情勢の中で、戦争によって傷を受けた過去を持ち、復讐のためテロを起こす犯罪者たちが現れた。生まれ育った村を戦争で焼き払われた主人公のマーリヤ・ノエルは、ともに生き残ったものの復讐のため暗殺者となった幼なじみのヴェロニカ・ソーンを止めるため、妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関「ドロテア」に入隊する。

監督を「ジョジョの奇妙な冒険」や「はたらく細胞」などを手がけた鈴木健一、シリーズ構成・脚本を「灰と幻想のグリムガル」で知られる小説家・十文字青、アニメーション制作をP.A.WORKSが担当。キャラクター原案・妖精原案はウルトラジャンプ(集英社)で「Levius/est」を連載中の中田春彌、キャラクターデザインは清水貴子、音楽プロデュースは「灰と幻想のグリムガル」で音楽を手がけた(K)NoW_NAMEが務める。併せて公開されたティザーPVでは、(K)NoW_NAMEの担当するオープニングテーマ「KNOCK on the CORE」も聴くことができる。

キャストには主人公のマーリヤ・ノエル役に市ノ瀬加那、マーリヤを「ドロテア」に勧誘した第一部隊隊長代理のフリー・アンダーバー役に前野智昭、マーリヤの幼なじみであるヴェロニカ・ソーン役に福原綾香、戦争で妻子を失ったことからテロリストとなった妖精兵、ウルフラン・ロウ役に細谷佳正が名を連ねた。併せて4キャラクターのビジュアルと、各々が操る妖精のビジュアルも公開されている。

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」

2019年4月より放送

スタッフ

原作:Five fairy scholars
監督:鈴木健一
シリーズ構成・脚本:十文字青
キャラクター原案・妖精原案:中田春彌
キャラクターデザイン:清水貴子
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
アニメーション制作:P.A.WORKS

キャスト

マーリヤ・ノエル:市ノ瀬加那
フリー・アンダーバー:前野智昭
ヴェロニカ・ソーン:福原綾香
ウルフラン・ロウ:細谷佳正

(c)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

コミックナタリーをフォロー