コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「Dr.STONE」稲垣理一郎が描きたかったのは「地道にがんばる男」

296

左から古川慎、稲垣理一郎、小林裕介 。

左から古川慎、稲垣理一郎、小林裕介 。

稲垣理一郎Boichi原作によるTVアニメ「Dr.STONE」のステージイベントが、千葉・幕張メッセにて開催中の「ジャンプフェスタ2019」にて本日12月22日に行われた。

イベントには千空役の小林裕介と稲垣が登壇。2人の登場後、本作の追加キャストとして大木大樹役で古川慎の出演が発表され、古川が壇上へと呼び込まれると大きな歓声が上がる。

3人が揃った壇上ではまず、「唆るぜ、これは! 『Dr.STONE』のココがスゴイ! 3大ポイント!!」と銘打った作品の紹介コーナーを実施。本作のポイントとして「全人類が一斉に石化する設定がスゴイ!」「科学でなんでも作っちゃうところがスゴイ!」「絵がとにかくスゴイ!」の3つが挙げられる。全人類が一斉に石化してしまうという設定について、稲垣は「めちゃくちゃ」と笑いながらも、同設定から本作の構想がスタートしたことを明かす。さらに稲垣は本作で描きたかったのは「地道にがんばる男」であると説明し、派手ではなくとも地道にがんばる人間のカッコよさを語った。

続いてアニメのティザーPVがお披露目されることに。PVでは動く千空の姿なども解禁されており、スタッフから「生の反応を見たい」というリクエストを受けステージに立つまで映像を観せてもらえなかったという稲垣も「ドキドキしました」と興奮気味にコメント。そしてさらなる追加キャストとして小川杠役で市ノ瀬加那、獅子王司役で中村悠一の出演も発表される。最後にBoichiからの「皆さんが『Dr.STONE』を楽しめるように沢山描きます!…特にコハクを。」というコメントが読み上げられイベントは終了した。

「Dr.STONE」は、全人類が謎の現象により石化してしまってから数千年後の世界を舞台にしたSFサバイバル。石化から目覚めた超人的な頭脳を持つ少年・千空(せんくう)が、科学が失われてしまった世界でゼロから文明を作り上げる姿を描いていく。TVアニメの放送は2019年7月にスタートする。

アニメ「Dr.STONE」

スタッフ

原作:稲垣理一郎Boichi(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

キャスト

千空:小林裕介
大木大樹:古川慎
小川杠:市ノ瀬加那
獅子王司:中村悠一 ほか

(c)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

コミックナタリーをフォロー