コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ゲームセンターあらし」プロゲーマー編で復活!インベーダーキャップが全サに

483

すがやみつる「ゲームセンターあらし」の新作が、本日12月15日発売のコロコロアニキ2019年冬号(小学館)に掲載された。

「ゲームセンターあらし」はコロコロコミック(小学館)にて1978年から1983年まで発表された作品で、主人公・石野あらしがインベーダーゲームなどのゲームで個性的な敵と闘う姿を描く物語。今号では「プロゲーマー編」として復活し、35年前に宇宙に旅立ったあらしたちが、eスポーツの大会が行われている2019年のお台場に降り立つ。なお今作には「あらし」のオマージュマンガ「アーケードゲーマーふぶき」の作者である吉崎観音が参加。作中にふぶきが友情出演している。

また「あらし」の復活を記念し、あらしのトレードマークとも言える「インベーダーキャップ」が応募者全員サービスとして登場。すがやとコロコロ編集部が監修を行い、タイトーから許諾を得た公式版となる。アパレルブランド・THUNDERBOXが製作し、応募者負担額税込み3990円にて用意された。色は原作版のレッドとアレンジ版のブラックの2種類をラインナップ。応募方法などの詳細は誌面にて確認しよう。またアニキ冬号のテレビCMのナレーションはTVアニメ版で石野あらし役を演じた間嶋里美が担当。コロコロオンラインでは間嶋のインタビューも掲載されている。

そのほか今号では「ポケットモンスター」シリーズでも知られる穴久保幸作の「おれは男だ! くにおくん」が復活。また井上和郎「198Xメモリーズ」は最終回を迎えた。

(c)Mitsuru Sugaya/Shogakukan (c) TAITO CORPORATION

コミックナタリーをフォロー