亡き母との思い出を、母親になった吉川景都が綴るエッセイが単行本化

205

吉川景都がコミックバンチwebにて連載していた「さよならわたしのおかあさん」が単行本化され、本日12月7日に新潮社より発売された。

「さよならわたしのおかあさん」帯あり

「さよならわたしのおかあさん」帯あり

大きなサイズで見る(全3件)

本作は「片桐くん家に猫がいる」や「猫とふたりの鎌倉手帖」を手がける吉川が、肝臓がんで亡くなった母親との思い出を描くエッセイ。自らが子育てをするようになり、初めて気付いた母の言葉や行動の数々について綴っていく。なお単行本の刊行にあたり、眞鍋かをりがナレーションを務めるPVもYouTubeにて公開された。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

吉川景都のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 吉川景都 / 眞鍋かをり の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。