ガンダム40周年で「閃光のハサウェイ」映像化!ORIGINのTV放送、Gレコ劇場版も

3009

「機動戦士ガンダム」シリーズの40周年を記念したプロジェクトの発表会が、本日11月21日に東京・恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンホールにて開催された。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」ビジュアル (c)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」ビジュアル (c)創通・サンライズ

大きなサイズで見る(全11件)

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」キービジュアル4種。左から「機動戦士ガンダム」と「機動戦士ガンダムUC」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」と「機動戦士ガンダム00」、「機動戦士Zガンダム」と「新機動戦記ガンダムW」、「ガンダム Gのレコンギスタ」と「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がそれぞれ作品の枠を超え、共存する可能性が描かれた。 (c)創通・サンライズ (c)創通・サンライズ・MBS

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」キービジュアル4種。左から「機動戦士ガンダム」と「機動戦士ガンダムUC」、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」と「機動戦士ガンダム00」、「機動戦士Zガンダム」と「新機動戦記ガンダムW」、「ガンダム Gのレコンギスタ」と「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がそれぞれ作品の枠を超え、共存する可能性が描かれた。 (c)創通・サンライズ (c)創通・サンライズ・MBS[拡大]

イベントでは「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のコンセプトが「BEYOND(ビヨンド)」に決定したことが明らかに。このたびコンセプトのロゴを配置した、4種のキービジュアルもお披露目された。同ビジュアルは「作品の枠を超えた様々なキャラクターが共存する可能性の世界」をモチーフとしている。またプロジェクトのテーマソングをLUNA SEAが担当し、メンバーのSUGIZOが音楽トータルプロデュースを手がけることもわかった。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ロゴ (c)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ロゴ (c)創通・サンライズ[拡大]

さらに2015年から2018年にかけて、全6話の劇場イベント上映という形で展開された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が、13本のテレビシリーズに再編集され、2019年よりNHK総合で放送されることも発表。TVシリーズのオープニング曲も、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のテーマソングを担うLUNA SEAが担当する。

「ガンダム Gのレコンギスタ」ロゴ (c)創通・サンライズ

「ガンダム Gのレコンギスタ」ロゴ (c)創通・サンライズ[拡大]

そのほか「ガンダムビルドシリーズ」の新作が進行中であることをはじめ、2014年に公開された「ガンダム Gのレコンギスタ」に新作カットを加え、再編集した映像が2019年に劇場公開予定であることもわかった。また1989年より刊行された富野由悠季による同名小説を基にした、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が3部作で劇場展開される。

そして「SDガンダムワールド 三国創傑伝」の企画が進行していることや、2020年夏に神奈川・横浜の山下ふ頭に1/1スケールの18メートルにおよぶ“動くガンダム”が設置されることも明らかに。なおコミックナタリーではこの後、本日の発表会の模様を詳しくレポートする。

この記事の画像(全11件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

富野由悠季のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 富野由悠季 / LUNA SEA / SUGIZO の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。