コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「パーフェクトワールド」イベント、有賀リエ「学ぶことがたくさんありました」

48

左から有賀リエ、岩田剛典、杉咲花、阿部一雄氏。

左から有賀リエ、岩田剛典、杉咲花、阿部一雄氏。

有賀リエ原作の実写映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」のトークイベントが本日10月24日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、原作者の有賀、鮎川樹役の岩田剛典EXILE三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、川奈つぐみ役の杉咲花、樹のモデルとなった1級建築士・阿部一雄氏が登壇した。

現在公開中の映画「パーフェクトワールド」はインテリア会社に就職した川奈つぐみと、彼女の初恋相手で、車イスに乗る生活を送る鮎川樹を描いたラブストーリー。有賀は「こういう場に出ることが少ないので、あまり上手に話せないかもしれないのですが、いい機会をいただいてうれしいです」と緊張気味に挨拶をすると、「本当に映画になるんだとすごくビックリしました。主演のおふたりも豪華で。作品的に生身の人間が演じたほうがわかりやすくなるテーマだと思うので、本当にうれしかったです」と映画化について語った。また阿部氏は有賀から取材を受けたときのことを振り返り「最初は『こんなのがマンガになるの?』って言ったんです。それがまさか映画になるとは」と心境を述べた。

主演を務めた岩田は原作について「少女マンガのことは詳しくないので、映画の話をいただいてから原作を読みました。最初は、よくある胸キュンシーン満載な作品なのかなと想像していたんですけど、読んでいて泣きそうになってしまうような感動的な作品で。こんな素晴らしい作品に実写化という形で携われて誇りに思います」とコメント。またラブストーリー初挑戦だったという杉咲は「家族との関係は、自分が体験したことを活かせるけれど、恋愛はそれぞれ形があって全部違うものだと思うので難しかったです」と振り返った。

映画を観た感想を問われた有賀は「勉強になることが多かったです。マンガを描いていると、自分や編集さんが考えた表情を作っていくんですけど、映像になると『岩田さんはこういう仕草、こういう表情をするんだ』とか、『花ちゃんはこういうとき抑えた表情をするんだ』とか。学ぶことがたくさんありました」と述べると、岩田は「恐縮です」と照れくさそうな表情を浮かべる。さらに好きなシーンについては「病院でつぐみが車椅子に乗って樹のところに行くシーン。つぐみがすごくかわいらしいですし、それを見つめる樹の表情も切なくて」と話すと岩田も同意し「僕もそのシーン大好きです。もともとマンガのビジュアルが先に存在しているわけですから、それを映画で再現するときに、原作の世界観を壊さないようにと考えました」と撮影を回想した。

さらに「夢を叶えるために心がけてきたことは?」という質問に、有賀は「子供の頃からマンガ家になりたかったんですが、実際に目指し始めたのは大人になってから。だから何かを始めるのに早いとか遅いはないと思います。絶対に叶うとは限らないけれど、それでもチャレンジしなければ可能性はゼロだと思ってチャレンジしました」と語る。また5代目の跡取りであるという阿部氏は「謙虚に人の話を聞くってことを教えられてきた。そして『ピンチをチャンスに変えよう』という言葉を戒めて生きてますね」と話す。

そんな2人の話をじっくり聞いていた岩田は「おふたりの後にコメントするのは恐縮ですが……。いろんな仕事をさせていただいてきましたけど、すごく感じるのは、どの仕事も1人だけの力では成り立たないということですね。関わってくださったすべての人々への恩返しや気遣い、感謝の気持ちを忘れちゃいけないですね。そうやっていろんなことに挑戦していくことで、夢が実現しやすくなる環境になっていく気がします」と持論を述べる。そして杉咲も「自信を持つことが大事だと思います。私は小さい頃からこの仕事が夢だったんですけど、そのために何か特にやったわけじゃなくて。でも自分の中では漠然とした自信があったんですよ。今は逆に、自信がなくなってきてると感じることが多くて。でもできないと思いながらやっているとできないんです。まずは自分が自分のことを信じないとみんなが信じてくれないんじゃないかなって」と続けた。

最後、有賀は「恋愛映画としてときめいていただきつつ、(車椅子の)樹のことも身近に感じていただけたらと思っています。何度でも観に来てください」と作品をアピール。そして岩田は「いよいよ『パーフェクトワールド』も今日で一段落ということで、寂しい気持ちがあります。自分自身、初めて障害と向き合う役柄を演じさせていただいて、多くのことを学ばせていただいた作品でした。皆さんにとっても大切な作品になってくれたらなと思います」と語り、トークショーを締めくくった。

(c)2018「パーフェクトワールド」製作委員会 (c)有賀リエ/講談社

コミックナタリーをフォロー