コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「累」ファンミ開催、松浦だるま「最初に映画を観た瞬間を忘れられない」

519

ファンミーティングの様子。左から佐藤祐市監督、松浦だるま。

ファンミーティングの様子。左から佐藤祐市監督、松浦だるま。

松浦だるま原作の実写映画「累 ―かさね―」の公開を記念したファンミーティングが、本日9月5日に東京・東宝試写室にて開催され、松浦と映画で監督を務める佐藤祐市が登場した。

試写会を終えた観客たちが待ちわびる中、ステージに現れた松浦と佐藤監督。松浦は実写化について「企画の立ち上げから試写までのプロセスにおいて信頼できた」と振り返る。「基本的におまかせするっていうスタンスでやっていたんですけど、どうしても譲れないものもありました。それをどうお伝えするべきか悩んでいたときも、プロデューサーさんがすごくこちらの意見を聞いてくださって。こんなに気遣っていただけるんだなって。ちょっと気を遣い過ぎなんじゃないかなと思ったぐらい(笑)」と語る。

さらに「初号試写を観たとき、これはすごいものができたなって。一生忘れられないです、最初に観た瞬間は」と自身の思いを話した松浦に、佐藤監督は感謝の言葉を返しながら「初期段階で先生とコンタクトを取ったときに『累の物語をちゃんと観たい』っておっしゃったって聞いて。そりゃそうだよなと、累っていう女の子の生き様を描かないと思った」と明かした。

また累をニナを演じ分けた土屋太鳳、芳根京子については、「おふたりがどういう形で累やニナになってくれるのかずっと気にしていたんです。原作の累やニナとは違う顔の造りをしていますし。でも試写を観たときに『これは累だな、ニナだな』と思いました。魂が同じ……と言うとちょっとくさいんですけど、すごくいい再構築をしていただいて。初号試写のときにはまだ最終話を描いてなかったので、最終話を描く上でも刺激になりました」と述べる。さらに映画の主題歌を務めたAimerの楽曲は、もともとよく聴いていたと明かし「主題歌に決まったときは(Aimerを)薦めてくれたアシスタントさんとハイタッチして喜びました(笑)」と笑顔を見せた。

イベントの後半では、観客からの質問に答えるコーナーも。2人の学んできたこと、バックグラウンドを問う質問に、佐藤監督は「僕、何かを掘り下げて学んだってことはないですが、いろんな人を見るのが好きだし、話をするのが好き。人をずっと見て、好きでいたような半生だったような気がします」とコメント。また松浦は「子供のころからずっと劣等感があって、人より能力がないと思っていた。大学に入るのに3浪していて、予備校にいる若い子たちに劣等感を感じて泣いてしまったり。その大学も中退して事務の仕事に就いたんですけど全然駄目。自分が情けなくて毎日のように泣いていたので、今の状況がまだ信じられないぐらい。でもその劣等感が、バックグラウンドというか、衝動の部分になったのかなと」と吐露する。

そんな松浦の言葉に、佐藤は「劣等感がエネルギーになって何かを表現できるときがあるんですよね。累やニナもそうですよね。累は美醜が、ニナは美しいけど演技力が足りなくて、でもその欲望がエネルギーになった。新しいものを生むときってエネルギーが必要で。撮影中も芳根ちゃんと『心にマグマを持っていつでも爆発できるようにやらないと駄目だよ』って話はしていたんです」と返し、「先生が好きだったマンガを封印して事務をやってたときに、何かが芽生えて、そのエネルギーが作品になっていったのかも知れませんね」と続けた。

最後、佐藤監督は「いよいよ明後日公開。ちょっとドキドキしているんですけども、パワーを持っている映画になったので、1人でも多くの人に観てもらえたらと思っています。若い子たちのエネルギーに触れることができて、すごくワクワクしながら撮影しました。応援してください」と映画をアピール。そして松浦が「自分の原作なのにすっかり観客になって最後まで観ていました。もちろん、これは私の意見なのでいろんな見方があって、満足いかないって方がいても仕方がない。ただもし、映画をいいと思っていただけたら、SNSやご友人、ご家族におすすめいただけたらうれしいです」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

実写映画「累 ―かさね―」は9月7日より全国公開。なお原作と映画のシーンを組み合わせたコラボPVも公開されているので、合わせてチェックしてみては。

「累 ―かさね―」

2018年9月7日東宝系にて全国ロードショー

スタッフ

原作:「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)
監督:佐藤祐市
脚本:黒岩勉
製作:フジテレビジョン
配給:東宝
製作プロダクション:共同テレビジョン

キャスト

出演:土屋太鳳、芳根京子、横山裕、筒井真理子、生田智子、村井國夫、檀れい、浅野忠信

(c)2018映画「累」製作委員会 (c)松浦だるま/講談社

コミックナタリーをフォロー