コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「累」完成披露、松浦だるまの言葉に芳根京子が号泣「いろんな感情が爆発」

295

「累-かさね-」完成披露試写会の様子。

「累-かさね-」完成披露試写会の様子。

松浦だるま原作の実写映画「累 ―かさね―」の完成披露試写会が、本日8月22日に東京・イイノホールで開催された。

9月7日より全国公開される実写映画「累 ―かさね―」は、自身の醜い容姿にコンプレックスを抱きながら生きてきた累が、魔法の口紅と天性の演技の才能でのし上がっていく姿を描くサスペンス。舞台挨拶には累とニナを演じ分けた土屋太鳳芳根京子、演出家・烏合零太役の横山裕関ジャニ∞)、累の母・淵透世役の檀れい、元演出家・羽生田釿互役の浅野忠信佐藤祐市監督が出席した。

ステージに上がった土屋は累とニナという2役を演じたことについて「ニナは絶世の美人で、累と入れ替わったら演技の天才。こんなハードルの高い役はない、恐ろしいと思いました。でもきょんちゃん(芳根)をはじめ、共演者の皆さんに支えていただいて、乗り越えられたと思います」とコメント。また芳根は「今日を迎えられたことがものすごくうれしくて、ちょっと泣きそうです」と声を震わせ「太鳳ちゃんと一緒に累とニナを作れたから。一緒にできたのが太鳳ちゃんでよかった。お互いを感じ取りながらできたのは、運命と言うかご縁だったのかなって」と胸中を語った。

本作の撮影に臨むにあたり、浅野に演技について相談したという土屋。「やっぱり一人二役は難しくて。浅野さんに相談したらすごくうれしそうに『こんなに面白い役ないよ』『2人で累とニナの演技ノートを作りなよ』って。すぐにコンビニに行って大学ノートを買いました」と振り返る。使用したページ数を聞かれた芳根が「えっと、2ページ」と正直に伝えると、予想外のページ数に観客からは笑いが起きる。芳根が「でも私たちにとってはその2ページが大きくて……」と慌てると、横山がすかさず「ちっちゃい字で書いてたんだろうね」とフォローした。一方、アドバイスをした浅野は「僕、本当に羨ましいと思ったんですよね。僕には絶対にできない役ですし。楽しそうだなと思って調子に乗って言っちゃったんだと思います(笑)」と言い訳をした。

また、松浦と一緒に試写を観たという芳根は「前の席がだるま先生で。試写が終わって私が力が抜けて立ち上がれないでいたら、だるま先生が振り向いて、手を差し伸べて『累になってくれてありがとう』って言ってくださって」と振り返る。「すごくホッとしたのもあるし、うれしいのもあるし、いろんな感情が爆発して泣きわめいたんです(笑)。でも、それを遠くから観ていた監督が爆笑してたんですよ」と明かし、佐藤監督にふくれっ面を向ける。すると佐藤監督は「大人がこんなに泣きわめく姿、久しぶりに見て(笑)」と、その光景を思い出し笑いをこらえていた。

また累とニナがともに思いを寄せる“モテ男”烏合零太を演じた横山は、「プライベートとなんも変わらない」と冗談交じりにコメントすると、佐藤監督から「面白いこと言うね! せきジャニは違うね!」とわざとグループ名を間違えながらツッコまれ、思わず苦笑いを浮かべる。そして、その美貌と演技力から「伝説の女優」と呼ばれる透世役を務めた檀に対して、佐藤監督は「出ていただけて本当によかった」と感謝の気持ちを吐露。檀は「佐藤監督はなぜか私にバラを撒いてくれるんです。私の通る道をバラの花びらいっぱいにしてくれて、心をほぐしてくれる」と現場でのエピソードを語った。

佐藤監督は「編集をしているときから、早く皆さんに観ていただきたいという思いがありました。それぐらい自分自身ワクワクやれた仕事でした」と振り返る。また芳根は、再び溢れる涙をこらえながら「太鳳ちゃんと話し合って、手をつなぎ合いながら、身を削って本当に命を懸けて撮影しました」と語る。そして土屋に励まされながら「今日を迎えられてうれしいです。泣いてごめんなさい!」と観客にメッセージを送った。

最後、土屋は「この作品は自分に生きる価値があるかどうか、というのを確かめたい人のための物語だと思いながら演じました。それは私自身が感じていることでもあり、ここにいらしてくださった皆様も、心のどこかで抱える闇の1つかなと感じてます」とコメント。「でも、闇は共感することで愛に変わると感じたので、ぜひこの作品を通して、それぞれの愛を感じていただきたいと思います」と映画をアピールし、舞台挨拶は幕を閉じた。

(c)2018映画「累」製作委員会 (c)松浦だるま/講談社

コミックナタリーをフォロー