コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ダ・ヴィンチがデビュー30周年・伊藤理佐を大特集、吉田戦車との夫婦対談も

174

「おるちゅばんエビちゅ」「おいピータン!!」などで知られる伊藤理佐の特集が、本日8月6日発売のダ・ヴィンチ9月号(KADOKAWA)で展開されている。

特集ではデビュー30周年を迎えた伊藤へのロングインタビュー、伊藤と吉田戦車の夫婦対談、描き下ろしマンガなどを掲載。作品紹介や担当編集座談会のほか、「やっちまったよ一戸建て!!」に登場する“あの家”への取材レポートなども展開された。安野モヨコ西原理恵子二ノ宮知子弘兼憲史が寄せたお祝いコメントも掲載している。

そのほか今号では、特集「その生き様を知ると、プロレスはもっとおもしろくなる」の中に、プロレスファンとして神尾葉子小田扉が登場。同特集では広く。が、マンガ「HIGHER AND HIGHER! 内藤哲也物語」を4ページにわたって描いている。「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の紹介ページでは鈴木央、主人公・メリオダス役の梶裕貴へのインタビューを掲載。梶は著書「いつかすべてが君の力になる」についてもインタビューに応えた。

ほかにもアニメ「京都寺町三条のホームズ」の原作者・望月麻衣、「キミのお金はどこに消えるのか」を発売した井上純一、アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」の石田祐康監督らがインタビューに登場。定例コーナー「今月の絶対はずさない!プラチナ本」には、米代恭「あげくの果てのカノン」が選出された。マツセダイチによる、佐野徹夜「君は月夜に光り輝く」のコミカライズ連載もスタートしている。

コミックナタリーをフォロー