コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「詩季織々」現場レポ、コミックス・ウェーブ・フィルムこだわりの背景描写明らかに

80

「詩季織々」プロデューサーの堀雄太。

「詩季織々」プロデューサーの堀雄太。

アニメーション作品「詩季織々」を手がけるコミックス・ウェーブ・フィルムの制作現場に、コミックナタリーが密着。7月5日に配信した荻窪スタジオレポートに続き、今回は市ヶ谷スタジオの様子をお届けする。

「詩季織々」は中国の都市を舞台にした3本の短編からなる青春アンソロジー。北京で働く青年と故郷・湖南省の祖母との思い出を描くイシャオシン監督の「陽だまりの朝食」、広州で支え合って生きる姉妹が主人公の竹内良貴監督作「小さなファッションショー」、上海を舞台に少年の淡い初恋を切り取るリ・ハオリン監督の「上海恋」から構成されている。また、作品ごとに中国の概念“衣食住行”がそれぞれ割り振られており、「小さなファッションショー」が“衣”、「陽だまりの朝食」が“食”、「上海恋」が“住”のテーマで描かれる。

手描き作業が中心の荻窪スタジオに対して、ここ市ヶ谷スタジオではパソコンによる美術とCG・撮影作業を行う。プロデューサーの堀雄太はコミックス・ウェーブ・フィルムの特徴を「スタジオ内に美術部まであるというのが珍しいのではないかと思います。弊社ではカットの作業割り振りを美術部に任せて、そこで各担当の個性を出してもらうということもやっています」と各ブースを紹介する。大きなパソコンがずらりと並ぶスタジオ内では、美術のスタッフたちがタブレットで緻密な絵を描き、CG・撮影のスタッフは複数のモニターを見ながら専用ソフトで作品を作り上げていく。フロアには「小さなファッションショー」の監督であり、新海誠作品のCGチーフを務める竹内の姿も見ることができた。

囲み取材には、「上海恋」美術監督の渡邉丞、「小さなファッションショー」美術監督の小原まりこと友澤優帆が出席。渡邉はコミックス・ウェーブ・フィルムの特色である美しい背景について「陰影をわざと大げさにしたり、光の印象を変えています。今回の上海の街並みも、そのまま描くのではなく現実よりも美しく見えるようにと意識しました」と明かす。また「ある程度キャラクターの心情に寄せて、背景の色使いなどを工夫しているんです。例えば引っ越しのシーンでは、しっとりと寂しいような色合いで表現したり、子供の頃はキラキラさせて、大人になったら彩度を低めにしたり。監督も時間の流れを大事にしたいとおっしゃっていたので、それを画面内に収めるようにしました」と背景のこだわりを語った。

大変だったシーンに上海の全景の場面を挙げた渡邉は、空の描写に関して「向こうではあまりこういったモコモコした雲は見えないんですが、美しく見えるようにと、あえて大げさに描かせていただきました。でも上海人のスタッフたちに見せたら『上海の空はこんなにきれいじゃない』っていう反応をされて(笑)」とコメント。さらに新海作品からの影響を感じた点を尋ねられると、「“すれ違い”という部分ですね。あと、職場の先輩が新海さんの作品は『夕焼けどきに何かが起こる』とおっしゃっていたんですが、それも劇中で描かれているのでシンパシーを感じました」と述べた。

一方、「小さなファッションショー」の舞台となった広州について、友澤は「リゾート地で、上海や北京とはまた違ったおしゃれな土地でした。歴史ある建築を若者向けにリノベーションしているような建物があったり」と説明し、「できるだけ忠実に街を再現しているので、そこを観ていただきたいです。行ったことがある方には『あそこかな』って思ってもらえるかも」と見どころを紹介。小原も「監督からも指示があったんですけど、洗練された街のイメージを強調しました。美しく見える色味を探したり、どんなシーンでもキラキラさせられるようにがんばって描きました(笑)。」とアピールする。

背景に描かれる衣装のこだわりを尋ねられた小原は、「撮影スタジオにかかっている服を描いたのですが、若い子が着る服は少しでもバランスが変わるとダサくなってしまうので、その点は注意しました」と回答。本作で初めて美術監督を担当した2人は、背景の設定などを話し合いながら作り上げていったという。妹ルルの部屋について小原は「ルルは裏方寄りの性格かなって。服飾系なので布のサンプルを置いたりしました」と明かし、姉イリンの部屋に関して友澤は「イリンはトップモデルなので、雑貨屋に行ったり、雑誌を読んだりして研究しました。『今のおしゃれな女の子は何を置くんだろう』って」とイメージの膨らませ方を語った。

「詩季織々」は8月4日より、東京・テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて公開。なおコミックナタリーでは、コミックス・ウェーブ・フィルム荻窪スタジオの現場レポートも公開中だ。

※関連記事はこちらから
「詩季織々」制作現場レポ、作画監督が「新海作品から続く連携のよさがある」

「詩季織々」

2018年8月4日(土)公開

スタッフ・キャスト

「陽だまりの朝食」
監督:イシャオシン
作画監督:西村貴世
音楽:sakai asuka
キャスト:坂泰斗、伊瀬茉莉也

「小さなファッションショー」
監督:竹内良貴
作画監督:大橋実
音楽:yuma yamaguchi
キャスト:寿美菜子、白石晴香、安元洋貴

「上海恋」
監督:リ・ハオリン
作画監督:土屋堅一
音楽:石塚玲依
キャスト:大塚剛央、長谷川育美

主題歌:ビッケブランカ「WALK」

(c)「詩季織々」フィルムパートナーズ

コミックナタリーをフォロー