コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

三田誠原作、“物語恐怖症”の少年描く新連載「よすがシナリオパレェド」マガポケで

79

三田誠原作による川崎宙の新連載「よすがシナリオパレェド」が、本日6月29日にマガジンポケットにてスタートした。

「レンタルマギカ」「ロード・エルメロイII世の事件簿」などを手がけた三田が原作を務める本作は、“物語恐怖症”の少年・桜橋由字を描く物語。小説やマンガ、アニメ、ゲームなどフィクション全般が苦手な由字は、ひょんなことからソーシャルゲームのシナリオライターが経営する喫茶店兼シナリオライター事務所でアルバイトをすることになる。そこで、人気ソーシャルゲーム「Gate of Guardian」のメインライター・明神よすがらと出会ったことから由字の運命が変わり始めて……。作画は「コントラスト88」の川崎が担当する。

コミックナタリーをフォロー