コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ルパン三世」に上川隆也が出演、PART5のカギを握る人物・エンゾ役

487

上川隆也

上川隆也

アニメ「ルパン三世 PART5」の追加キャストが発表された。エンゾ・ブロン役を上川隆也が演じる。

上川が演じるエンゾは、世界を席巻するIT企業・シェイクハンズの創立者で、ルパンとは敵対する関係。実は第1話の冒頭シーンから、PART5のカギを握る謎の男として登場していた。

「ルパン三世」シリーズのファンとして知られる上川は、出演オファーに対して「正直、僕ごときが出ていいのかと悩みました」と葛藤があったことを告白。「最終的には、こんな機会がまた巡ってくることの方がありえない事でしょうし、こんな稀有な機会をいただけたことを純粋に有難いと思い、『やらせていただきます』とお返事しました」と参加を決めた経緯を明かす。自身が演じるエンゾについては“野心家”“大志を持っている人”と表現し、「彼の一挙手一投足や発言に、“彼が見据えている先”と“今携えているもの”が、きちんと一直線で結ばれるように、説得力を持たせたい」とコメント。また一ファンとして「今回の『PART5』の第一話の特に冒頭シーンを見て唸りましたし、驚きましたし、とてもワクワクしました」と述べ、「これまで見てきた方も、今回初めてご覧になる方も、純粋にルパンという男、またはその一味の紡ぎだす物語を楽しめるようなシリーズになるのでは」とメッセージを送っている。

プロデューサーの塩出正樹氏は、上川の出演作での活躍や、メディアでアニメへの深い愛情を語る姿を見て、「以前から『ぜひご出演をお願いしたい』と考えていました」とコメント。アフレコ現場での上川の様子については、「お忙しい中でも真摯な姿勢で取り組んでいただき、制作スタッフの一員として身が引き締まる思いでした」と話した。

「ルパン三世 PART5」は日本テレビの「AnichU」枠ほかにて放送中。現代フランスを舞台に、ルパンたちがインターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使して活躍する。

上川隆也コメント

「ルパン三世 PART5」で実は、第1話よりエンゾ役で出演させていただいておりました。
とても歴史ある作品ですし、個人的にも長く楽しませていただいた作品なので、最初お話をいただいた時には、その中に自分の声が入ることが想像できなかったです。正直、僕ごときが出ていいのかと悩みました。ですが、最終的には、こんな機会がまた巡ってくることの方がありえない事でしょうし、こんな稀有な機会をいただけたことを純粋に有難いと思い、「やらせていただきます」とお返事しました。

今回演じるエンゾという役は、“野心家”とも言えますし“大志を持っている人”とも言えます。今回はルパンと相対する立場として登場しますが、自分の持っている技術や野望、展望、その先に描いている完成予想図に自信を携えていて、それを世にもたらすのは良き事と思っています。彼の一挙手一投足や発言に、“彼が見据えている先”と“今携えているもの”が、きちんと一直線で結ばれるように、説得力を持たせたいと思って演じています。

「ルパン三世」は、舞台や設定や状況などを選ばない、どんな題材を落とし込んだとしても、「ルパン三世」になる器の大きい作品だと思っています。また、不思議なことに、ルパン、次元、五ェ門、峰不二子、銭形の5人皆がいて「ルパン三世」ですし、誰かが欠けても実は「ルパン三世」の物語が作れるという不思議な自由度を持っている作品とも思っているので、好きなキャラクターに関しては、逆に1人だけをピックアップするのが難しく、誰もが等しく愛しいキャラクターだと思っています。

一視聴者として、またルパンファンとして、今回の「PART5」の第一話の特に冒頭シーンを見て唸りましたし、驚きましたし、とてもワクワクしました。これまで見てきた方も、今回初めてご覧になる方も、純粋にルパンという男、またはその一味の紡ぎだす物語を楽しめるようなシリーズになるのではないかと思っています。

塩出正樹プロデューサーコメント

アニメを含む多くの出演作品での幅広いご活躍に加えて、テレビや雑誌など様々なメディアでアニメに対する深い愛情を語ってらっしゃる姿を拝見し、以前から「ぜひご出演をお願いしたい」と考えていました。お忙しい中でも真摯な姿勢で取り組んでいただき、制作スタッフの一員として身が引き締まる思いでした。上川さんが吹き込んでくださった力強く新しい風を受け、より多くのファンの皆様に作品を届けて楽しんでもらえるよう努めてまいります。今後のエンゾの活躍をぜひお楽しみに!

原作:モンキー・パンチ (c)TMS・NTV

コミックナタリーをフォロー