コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「十二大戦」東京で開幕、橋本祥平「断罪兄弟のコンビプレー、とくとご覧あれ!」

305

舞台「十二大戦」の東京公演が、本日5月9日に東京・シアター1010にて開幕した。

原作は中村光装画による西尾維新の小説。2017年にはテレビアニメが放送され、少年ジャンプ+では、暁月あきらによるコミカライズが連載中だ。

劇中には12年に1度行われる「勝ち残った者の願いごとをひとつだけ叶える」という大戦に参加した、十二支の名を背負う12人の戦士たちが登場。12人の戦士たちは、ぞれぞれに特殊能力を持っており、ストーリーが進むにつれ、その能力が明かされていく。

戦闘中は斬撃や銃撃のアニメーションがスクリーンに映される演出もあり、バトルシーンを大きく盛り上げていた。戦いが始まる前の戦士たちの名乗りのシーンも再現され、スクリーンには名乗りのセリフがテキストで映し出される。またアニメ版と同じく椎名豪の手がける音楽が、命をかけた戦いの緊張感をさらに煽った。

北村諒は常に気だるそうな子の戦士・寝住をスマートに演じ、“皆殺しの天才”と呼ばれる丑の戦士・失井を滝川広大はあざやかな殺陣で表現。今村美歩は自身の過去に深く関わる願いを胸に大戦に参戦する寅の戦士・妬良をミステリアスに演じた。“異常に殺す”卯の戦士・憂城を演じた才川コージは、その肉体美も披露しつつ怪しげなたたずまいとバトル時のアクロバットで役を体現していた。

橋本祥平長谷川慎也は、ふたりで戦う断罪兄弟を息ぴったりに務め、鉄壁の防御を誇る午の戦士・迂々真のナイーブな面を横山真史が繊細に表現。ほかの戦士をだし抜いて勝ち残ろうとする神出鬼没な未の戦士・必爺役で原勇弥は独特の存在感を見せる。竹内夢は平和的解決を望んで行動する申の戦士・砂粒を理知的な雰囲気で演じた。

さらに戦いに翻弄されながらも奮闘する酉の戦士・庭取を梅村結衣はエネルギッシュに、伊阪達也は戌の戦士・怒突を力強く陽気に務める。護あさなは高圧的な亥の戦士・異能肉で余裕を見せつつ、和泉宗兵は戦士たちを見守る審判員・ドゥデキャプルをクールに演じ切った。

公演は5月13日まで開催。5月11日の14時開演回にはDo As Infinityがゲスト出演し、本編終了後に主題歌「化身の獣」を披露する。

北村諒コメント

神戸で積み上げた戦歴を東京でうじゃうじゃぶつけたいと思います。

滝川広大コメント

神戸公演を終えて、自分に足りないものや、一番大切なものが何なのかを肌で感じる事が出来ました。これは自分にとっての財産です。この気持ちを込めて、東京公演にぶつけていきたいと思います。

今村美歩コメント

皆様に“本当に妬良は存在していたんだ”と思って頂けるよう、更に上を目指して、深みの増した妬良の生き様を魂込めて演じ切りたいと思います。

才川コージコメント

いよいよ東京公演です!
神戸では美味しいご飯を食べてパワー全開!
東京でも卯の戦士としての異常ぶりを魅せていきます。

橋本祥平コメント

今回の舞台「十二大戦」は実際に劇場に入るまで未知な部分がとても多かったです。
でも劇場に入って場当たりし、全ての歯車が噛み合った感覚がありました。精密に計算された舞台。きっとご覧頂くお客様を驚かせる事の出来る作品です! 神戸公演が終わり自信も十分付き、この自信を東京公演にぶつけたいと思います!
そして俺様たち断罪兄弟のコンビプレー、とくとご覧あれ!

長谷川慎也コメント

神戸公演、沢山のお客様に観ていただき感激でした!
東京公演でも舞台でしか観られない断罪兄弟のコンビネーションをみせます。そして動き回る首なし弟をお楽しみに。

横山真史コメント

神戸公演では大きな反響をいただき、これが東京公演ではどうなるのかと今からワクワクしております!やることは変わりませんが、1ミリでも迂々真に近づけるよう、東京公演でもストイックにやっていきたいと思います!

原勇弥コメント

キャスト&スタッフのチームワークによって十二大戦の世界観を作り上げています。
楽しみにしていてください!必爺も随所で大戦を制する為の細かな策略を組んでいますので発見していただければと幸いです。東京公演も盛り上げていきます!

竹内夢コメント

不安混じりの緊張感で挑んだ初日を含め、他の公演も沢山のお客様のお顔が舞台上から見え、ひと安心しました。
神戸から積み上げ、またひとつパワーアップした「十二大戦」を東京公演でもお見せできるよう、千秋楽まで全力で走り抜けます!

梅村結衣コメント

神戸公演を終えて、お客様からたくさんのパワーを貰ったので、東京公演でも今以上に演技に磨きをかけ、観劇してくれた皆様に「十二大戦」を観てよかったと思っていただけるよう、毎公演全力で庭取を演じたいと思います!

伊阪達也コメント

神戸公演にてご観劇されたお客様にたくさん喜んでもらえたようなので、このまま東京公演も、千秋楽の最後の最後までみんなで協力して、切磋琢磨して良い作品になるよう頑張りたいと思います。たくさん噛み付いていきます!

護あさなコメント

東京以外からスタートを切るのは初めてでしたが、お客さまの温かい反応や、信頼しているキャストスタッフのお陰で神戸公演ではやりたいことを出しきることができました!
東京公演ではそこから更に進化し、洗練されたものをお届けできればと思っています。
どうぞお楽しみに!

和泉宗兵コメント

今宵お集まりの観劇者の皆さま。いよいよ東京公演です。
神戸公演からのエネルギーを東京公演でお届けいたします。
エブリバディ! クラップ ユア ハンズ!

舞台「十二大戦」

東京公演

日程:2018年5月9日(水)~13日(日)
会場:東京・シアター1010

スタッフ

原作:西尾維新「十二大戦」(集英社)
脚本・演出:伊勢直弘
音楽:椎名豪

キャスト

寝住:北村諒
失井:滝川広大
妬良:今村美歩
憂城:才川コージ
断罪兄弟・兄:橋本祥平
断罪兄弟・弟:長谷川慎也
迂々真:横山真史
必爺:原勇弥
砂粒:竹内夢
庭取:梅村結衣
怒突:伊阪達也
異能肉:護あさな
ドゥデキャプル:和泉宗兵
アンアンブル:杉浦勇一、島津剣斗、小野原幸一

(c)西尾維新・中村光/集英社 (c)エイベックス・ピクチャーズ株式会社

コミックナタリーをフォロー