コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ベツコミで「ハツ*ハル」完結、キンプリ高橋海人が少女マンガの描き方学ぶ連載も

648

藤沢志月「ハツ*ハル」が、本日4月13日発売のベツコミ5月号(小学館)にて最終回を迎えた。

2014年に連載がスタートした「ハツ*ハル」は、学校イチのモテ男・一ノ瀬海が、凶暴な幼なじみ・小鳥遊リコに恋をする物語。今号には完結を記念し、「ハツ*ハル メモリアルファンブック」と題した小冊子が付属している。カラーイラストや各キャラの魅力をまとめた紹介コーナーのほか、登場人物の性別が入れ替わった描き下ろしの番外編、初期設定のキャラ表、メイキングや藤沢のインタビューも収められている。なお藤沢の新連載は同誌9月号にてスタートする予定だ。

また今号では加賀やっこが「一礼して、キス」に登場する奈智、由木を描く新連載「夏に、ゆきが降るように」と、後藤みさきがクセモノ男子に恋をした女子の姿を綴る新連載「だってもうスキになっちゃったし」が開幕。八寿子「こんな未来は聞いてない!!」は完結した。

さらにKing & Princeのメンバー・高橋海人による新連載「アイドル、ときどき少女まんが家。」も始動。姉の影響で幼少期から少女マンガが好きだという高橋に、毎回ベツコミ連載作家陣が少女マンガのいろはを直伝していく。第1回では加賀やっこのアドバイスを受けながら、高橋がキャラクター作りに挑戦した。

※高橋海人の高ははしご高が正式表記。

コミックナタリーをフォロー