田辺剛のラヴクラフト作品コミカライズ、最新作は時空ミステリー「時を超える影」

117

H.P.ラヴクラフト原作による田辺剛の新連載「時を超える影」が、本日4月12日発売の月刊コミックビーム5月号(KADOKAWA)にてスタートした。

田辺剛「時を超える影」より。

田辺剛「時を超える影」より。

大きなサイズで見る(全9件)

「時を超える影」は前作「狂気の山脈にて」に続き、H.P.ラヴクラフトの小説を原作としたコミカライズシリーズ。ミスカトニック大学で政治経済学の教鞭をとるピースリー教授は、ある日大学の講義中に意識を失ってしまう。彼が意識を取り戻したのは、なんとそれから5年半後のこと。ピースリーは周囲から、空白期間に起きた驚愕の事実を知らされることになる。

そのほか今号では山川直人「小さな喫茶店」、シュトルム原作によるやまじえびね「みずうみ」が完結。「小さな喫茶店」の最終巻は5月11日に発売される。

この記事の画像(全9件)

田辺剛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 田辺剛 / 山川直人 / やまじえびね の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。