コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ひそまそ」樋口真嗣が過去作挙げヒロイン像語り「ひそねはタイプかも」

104

テレビアニメ「ひそねとまそたん」の先行上映イベントが、4月11日に東京・新宿ピカデリーにて開催された。

第1・2話の上映後に行われたトークイベントには総監督の樋口真嗣、甘粕ひそね役の久野美咲、貝崎名緒役の黒沢ともよ、オープニングテーマを担当する女優の福本莉子が登壇。歳の離れた3人を連れて入場した樋口は開口一番「担任の樋口です」と挨拶し会場を笑わせる。MCから作品の満足度を問われると観客からは大きな拍手が起こり、それを見た樋口は「嘘でもうれしい」と満足そうな表情を見せた。

自身の演じるひそねについて久野は「本当に変わった子だなと思っていて」と感想を述べ、「ひそねを見てみなさんが、どう思うのかを一番気になっていたので、好きって言っていただけてよかった」と安堵した様子。アニメを見た感想について、黒沢は作品の舞台・岐阜に絡め「この景色が岐阜に行けばあるんじゃないかと思ってしまうくらいリアリティのあるファンタジー」と作品を表現した。

ひそねがちょっと変わった女の子だという話題から、樋口は、過去に携わったアニメ作品「王立宇宙軍 オネアミスの翼」「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」の名前を挙げて、「自分の中でアニメーションに出てくる女の子はこういうもんだと思っていた」と話す。続けて「ある程度性格の振り幅が大きくないといけない」と自身のアニメにおける女の子像を語る樋口に、久野から「ひそねは樋口さんのタイプなんですか?」と質問がされると「タイプかもしれない」と樋口が答え会場からは笑いが起きた。

ひそねに対抗心を抱く女の子・貝崎名緒について黒沢は「ヤンキーでツインテールっていうのが最高にかわいい」とし、「大人になっていく過程の女の子だと思っている。そういう不安定さも彼女の魅力」だと紹介した。そしてまそたんというキャラクターが生まれた経緯を聞かれた樋口は、自衛隊の基地にロケハンに行った際に、撮影不可の区域に格納庫がポツンとあるのを見て「何か隠してんじゃないかとか、でかい生き物1匹くらい入るんじゃないか」という妄想が膨らんで生まれたことを明かす。黒沢は「あったかそうで、よく眠れそう」「おじいちゃんに飼ってほしい」と独自の目線からまそたんを語った。

福本は本作のオープニングテーマを「オーケストラも入っていて、壮大な曲」だと説明。レコーディングの際も「空とか海とか広いところをイメージして歌いました」と語り、まっさらな歌声をイメージして抜擢されたということからボイストレーニングも禁止されていたというエピソードを明かした。久野と黒沢はエンディングテーマがフランス語ということから「壮絶なレコーディングでした」と述懐。黒沢が「なんでフランス語なんですか?」と樋口に質問を投げかけると、「んーなんかカッコよくない?」とひと言。このやりとりに会場からは大きな笑いが起きた。また樋口からは2話以降のエンディングがすべて違うバージョンになっていることも告げられた。

最後の挨拶では久野は「みんなの努力の結晶を皆さんに見ていただけるって、どれだけ幸せなことなんだろうと思います」とコメント。樋口は「期待していただけたらそれに十分なお返しできるようになっていると思いますので、一緒に楽しんでいただけたらなと思います」と締めくくった。

なおコミックナタリーでは、アニメの放送開始に先がけ本作の特集企画を展開。足立梨花、有野晋哉、イシデ電、大根仁、雁須磨子、栗山千明、戸田真琴、本郷奏多の著名人8名にできあがったばかりの第1、2話を視聴してもらい、応援コメントを寄せてもらった。

(c)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

コミックナタリーをフォロー