ゲームに登場するのは?「グランクレスト戦記」キャスト陣がオリキャラ考案

124

テレビアニメ「グランクレスト戦記」のイベントが、去る3月24日に東京・東京ビッグサイトにて催された「AnimeJapan 2018」にて行われ、テオ・コルネーロ役の熊谷健太郎、シルーカ・メレテス役の鬼頭明里、アーヴィン役の中村悠一、アイシェラ役の上田麗奈、モレーノ・ドルトゥス役の松岡禎丞、プリシラ役の高森奈津美、マリーネ・クライシェ役の茅野愛衣が登壇した。

「『グランクレスト戦記』スペシャルステージ」の様子。

「『グランクレスト戦記』スペシャルステージ」の様子。

大きなサイズで見る(全3件)

「グランクレスト戦記」第4弾キービジュアル

「グランクレスト戦記」第4弾キービジュアル[拡大]

「グランクレスト戦記」は「ロードス島戦記」で知られる水野良の小説を原作としたファンタジー作品。イベントでは熊谷、鬼頭の2人がMCを務めながら、放送が終了した11話までのエピソードを振り返っていく。テオ、シルーカとミルザー、マリーネの対比が描かれたストーリーや、アレクシスのかわいらしさについてなど、キャスト陣が印象に残った場面を語り合った。

またステージでは「オリジナルキャラクター制作記」と題し、年内にサービス開始予定のスマートフォン向けアプリ「グランクレスト戦記 戦乱の四重奏」に登場する、オリジナルキャラクターを考案する企画も展開。熊谷はプロレスラーのような風貌の“マスク・ド・カオス”、鬼頭はキュートなうさぎの“ラビットでんか”をそれぞれ披露した。さらに茅野は「混沌」というキーワードから胴体部分が揚げられた豚の“こん豚”、高森は筋肉隆々ながら心は優しい、狼の顔をした邪紋使い、上田はホウキに乗ったヒヨコの“ぴーこ”を執筆し、松岡、中村はどこかで見たことのあるキャラクターを描き会場の笑いを誘う。ニコニコ生放送のユーザーによる投票で1位を獲得したのは中村。しかし本人が辞退をしたことから、2位に選ばれた茅野のこん豚が、今後ゲームに登場する予定となった。

続けて新情報も発表に。アニメの新キービジュアルに加え、6月14日に発売される「グランクレスト戦記」のPlayStation 4用ゲームソフトのCMが公開。ゲームの早期購入特典として、「ロードス島戦記」のパーンとディードリットがゲーム内にて使用できるプロダクトコードがもらえることも明らかに。パーン役は冬馬由美、ディードリット役は草尾毅が演じる。

イベントはキャスト陣からファンへ向けてのメッセージで締めくくられた。アニメ「グランクレスト戦記」はTOKYO MXほかにてオンエア中。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

中村悠一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 水野良・深遊/株式会社KADOKAWA刊/エーラム魔法師協会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 中村悠一 / 上田麗奈 / 松岡禎丞 / 高森奈津美 / 茅野愛衣 / 冬馬由美 / 草尾毅 / 熊谷健太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。