「パフェちっく!」ドラマ化!風呼役は高橋ひかる、大也役は中尾暢樹

203

ななじ眺「パフェちっく!」のドラマ化が決定した。3月31日よりFODにて、全10話が順次配信される。

中尾暢樹扮する新保大也(左)と、高橋ひかる扮する亀山風呼(右)。

中尾暢樹扮する新保大也(左)と、高橋ひかる扮する亀山風呼(右)。

大きなサイズで見る(全9件)

「パフェちっく!」は明るく元気な高校1年生・亀山風呼が住むアパートの上の階に、新保大也と新保壱といういとこ同士の2人が引っ越してきたことから始まる物語。底抜けに明るく、笑顔が素敵な大也と、クールな壱という見た目も性格も対照的な2人の間で揺れ動く、甘酸っぱい三角関係が展開される。なお本作は2000年から2007年にかけてマーガレット(集英社)で連載され、2010年には台湾でドラマ化もされた。

ドラマで風呼役を演じるのは、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、2016年には映画「人生の約束」にも出演した高橋ひかる。大也役は特撮ドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」や映画「一礼して、キス」で主演を務めた中尾暢樹が演じる。

連続ドラマ初主演となる高橋は「風呼に負けない明るさで、現場も作品も、ワクワクするものにしていけるよう頑張ります!」と、中尾は「皆さんのイメージを壊さない説得力のある新保大也を演じたいです」とコメント。ななじは「皆さんが主人公風呼に感情移入したり、逆に『そりゃダメだよ風呼!』なんてつっこんだり、『壱派だ』『大也派だ』とまた話していただけるといいなと思います」と言葉を寄せた。

高橋ひかるコメント

高橋ひかる扮する亀山風呼。

高橋ひかる扮する亀山風呼。[拡大]

風呼は、私と同じ高校生で、明るい感情豊かな女の子です。風呼の恋心を表現できるよう頑張ります!
初主演ということで、不安もありますが、原作ファンの方をはじめ全ての方に作品を楽しんで頂けるよう、出演者、スタッフのみなさんと一緒に風呼に負けない明るさで、現場も作品も、ワクワクするものにしていけるよう頑張ります!

中尾暢樹コメント

中尾暢樹扮する新保大也。

中尾暢樹扮する新保大也。[拡大]

今回、僕が演じる新保大也。このキャラクターは、底抜けに明るく、爽やか。人付き合いが上手い、運動神経抜群と、男から見てもカッコいい男でした。お話を頂いた時、心配な気持ちはもちろんありましたが、周りのキャストさんスタッフさんを信じて僕は純粋に感じた事を素直に表現しようと思います。皆さんのイメージを壊さない説得力のある新保大也を演じたいです。
素敵なご縁で皆さんが集まり実写化するという事で、それに応えられるよう精進しますので楽しみに待
ってくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ななじ眺コメント

台湾で、そして今度は日本で。宝物「パフェちっく!」を、再び実写化していただける日が来るとは!
少人数で地味に地味に描き上げてきたこの宝物が、大勢のキャストやスタッフの方々の手により、また新たな輝きを放つのですね。ただただ感謝です。
皆さんが主人公風呼に感情移入したり、逆に「そりゃダメだよ風呼!」なんてつっこんだり、「壱派だ」「大也派だ」とまた話していただけるといいなと思います。
そして私も一視聴者となり、それをする予定です。
皆さんと一緒に楽しみます!

東康之プロデューサーコメント

この度、あの伝説の少女マンガ「パフェちっく!」をついにドラマ化することになりました。究極の三角関係を描いた王道ロマンティックラブコメディーがついに FOD プレミアムに登場します。はたして、どっちの彼と結ばれるのか!? あらゆる世代のラブストーリー好きの皆さんが毎週ハラハラドキドキできる連続ドラマに仕上がっています。ぜひご覧ください。

高橋ひかるの起用理由について

はじめてお会いした時からひきこまれました。彼女をフジテレビの新しいスターにしたいと直感しました。凛とした佇まいで品があり、まさに大和撫子! でも元気いっぱい。主役の風呼を演じていただくのにぴったりでした。そんな彼女が最高のラブストーリーのヒロインを演じます。ぜひご注目ください。

中尾暢樹の起用理由について

誰もが好きになれる王道のイケメンで、その笑顔で女の子を一瞬にしてとりこにする。僕にとって原作の大也そのものだったのが中尾さんでした。誰の心をも掴む繊細な演技力と軽やかな身のこなし。ダンスもすごい! そんな中尾さんが人生最高の恋に挑みます。果たして、どんなラブストーリーを見せてくれるのか!? ご注目ください。

※高橋ひかるの「高」は、はしご高が正式表記。

この記事の画像(全9件)

ドラマ「パフェちっく!」

2018年3月31日(土)より、毎週土曜配信(全10話)

スタッフ

原作:ななじ眺「パフェちっく!」(集英社マーガレットコミックス刊 全22巻電子版で配信中)
プロデュース:東康之(フジテレビ)
プロデューサー:黒沢淳(テレパック)
演出:山内宗信、石井満梨奈、佐野隆英、安見悟朗
脚本:三浦駿斗、木滝りま、諸橋隼人、木梨亜美
制作協力:テレパック
制作著作:フジテレビ

キャスト

高橋ひかる中尾暢樹 ほか

ななじ眺のほかの記事

リンク

(c)ななじ眺/集英社・フジテレビ